11月17日(土)13:00 KKウィング
ロッソ熊本 1-1 三菱水島FC
得点者:後半4分高橋(熊本)、後半5分オウンゴール

先 発
30 山内 11 高橋
31 西森17 熊谷
33 小森田8 喜名
23 有村6 福王
19 上村16 矢野
 21 小林弘 
まあ、厳しい(Jリーグ昇格という)ミッションから開放されたのはチームだけでなく、ファンも同様で、スタジアムには何とはない緩んだ感じが漂っていました。

試合のほうは上村の痛恨のオウンゴールで引き分けに。水島は“まじめなサッカー”でしっかりとロッソを止めて、ロッソも全く危なげないくらいのバランス重視。後半、高橋が先制した直後、なぜか前がかりになり、バランスを崩したところに、カウンターを喰らい、オウンゴールを許してしまいました。それ以外は、崩される場面はなく、力ずくの守りで相手を抑えきった感じでしたが・・・。
終了のホイッスルと同時にへたり込む水島の選手が3人、4人。やっぱり相当なエネルギーで戦っていたんだなと。

勝ち点は1だったものの、この結果ロッソのリーグ2位が確定。佐川急便の優勝も決まりました。
昨年あれほど欲しかったこの2位という地位。今年は昇格条件が4位内に緩和されたとはいえ、意地でつかんだこのJFL2位の成績をひっさげて、堂々と来年J2に乗り込みましょう。

試合終了後は、昔の仲間にも出会い、昇格を喜び、握手を交わし、しばし、いい気分に浸ることができました。

ニュースでは、オシムが倒れ、危険な状態だと伝えられています。語録のなかでも一番好きな一文を引用します。

「サポーターの皆さんに分かってほしいのは、サッカーというのは人生と同じであって、必ずしも自分の思った方向に物事が動くとはかぎらない。勝つこともあれば負けることもあるのだ。勝ちだけを望むサポーターであってほしくない。このフクアリで、ジェフの新しい文化が生まれることを期待している。」

想像を絶する苦難を乗り越えた人らしい言葉です。一日も早い回復を祈ります。
TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/62-29a11663