7月30日(日)
【J2第25節】(えがおS)
熊本 0-1(前半0-1)名古屋
<得点者>
[名]青木亮太(45分)
<警告>
[熊]グスタボ(54分)、小谷祐喜(69分)
[名]小林裕紀(29分)、ワシントン(46分)
観衆:6,296人
主審:松尾一


うーむ。この試合をどう評価すべきか。非常に悩むところです。

前回対戦の5-1での敗戦よりは点差は縮まった。名古屋に終始ボールを保持されながらも、1失点に抑え、あわや同点という惜しい場面もあった。失点も名古屋・青木の個人技のようでもあり、その他のシーンではよく守り通した。そういう意味では、彼我の力の差は縮まったようにも思えるのですが、いやいや点差以上の“差”を感じる試合でもありました。

熊本はこの試合、安と中山をベンチからも外し、古巣との対戦となったグスタボをワントップに入れ、嶋田を先発起用。これも名古屋でプロ生活をスタートさせた片山は、「お金を出してでも出たかった(笑)」(ELGOLAZO web版 BLOGOLA)と言いましたが、累積警告で光永の出番となりました。

前節、京都に敗れた名古屋は、現在9位。ただ、この試合で新加入のガブリエル・シャビエルが早速得点していて要注意。

20170730名古屋

小柄ながら、長身シモビッチと2トップを組む佐藤と同じように神出鬼没。前線に顔を出したり、あるいはパスを貰いに落ちたり、自由に動き回る。

15分頃、シモビッチからの縦パスに抜け出すと、シャビエルがマイナスパス。田口のシュートは右に反れますが、危ない。

37分頃には、シャビエルが左に送ると青木がそれをダイレクトでクロス。ゴール前でどんぴしゃヘッドの佐藤でしたが、これはGK畑がナイスセーブで防ぎます。

一方の熊本は、グスタボが空回りといった様相で、前線にボールが入ってもなかなかDFと入れ替われない。組織的な守備もはまらず、名古屋の早いパス回しに奪いどころが見つからずに押し込まれてしまいます。

それでもなんとか無失点に抑えていた前半も終了間際。このまま折り返したいと思っていたのが気の緩みだったのでしょうか。左サイド、パスを貰った青木がスペースをかいくぐるようにドリブルで切り込み、右足を一閃。ゴール左隅に突き刺し、先制とします。

後半は、敵将・風間監督が、試合後に「後半の入り方、試合の終わらせ方はまだまだ勉強が必要」と言うような展開になります。

56分頃、大きなサイドチェンジのパスを受けた光永が左から素早くクロスを入れる。これは間一髪、グスタボの前に和泉に入られる。続く60分頃は、グスタボの落としに飛び込んだ嶋田が追走するDFと競争。最初に引っ張られていたのは嶋田の方でしたが、主審が嶋田のファールを取り、このジャッジに場内騒然。

69分頃には、光永に代わって入った田中が、八久保からのパスで右から裏を取った。ゴール前のグスタボ目がけたクロスは、しかし「蹴る直前にボールが跳ね」(熊日)て、あらぬ方向へ。これにはおもわずズッコケました(笑)が、いくつかその俊足で名古屋DFを脅かすシーンもありました。

嶋田に代わって入ったのは岡本。やはり広い視野を活かして配球します。

しかし、中は通させない名古屋。ボールを持つと前を向かせないように素早くプレスも掛け続ける基本のところは、暑さで疲れが見えるとはいえども弱めない。

絶対追加点は許さない。絶対同点に追いつく。そういう熊本の強い気持ちも見えましたが、名古屋も最後まで熊本に得点を許さず、逃げ切られてしまいました。

冒頭書いた「点差以上の“差”」と感じたのは、名古屋の選手たちの“止める”“蹴る”、“パスを出したら走る”“ボールを持つ選手にはプレスを掛ける”といった基本中の基本である技術と動作。これは個人能力というよりは、徹底して訓練されているように思えます。

われわれはまだまだパススピードを上げるとトラップが悪くなる。ボールを持っても、攻撃の連動性が途絶えてしまうのも、汗をかくほど“頭”を使って練習してきたかどうかということだと思うのです。
このクラスと対戦すると、そう気づかさせてくれる。もっとうまくなれるし、上に行きたいと思える。やるべきことは多い。敗戦は悔しいけれど、そう思えたのは価値があったゲームだったといえました。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/625-5c42e711