8月20日(日)
【J2第29節】(BMWス)
湘南 0-0(前半0-0)熊本
<警告>
[湘]山根視来(62分)、アンドレ・バイア(78分)
[熊]上里一将(65分)
観衆:8,027人
主審:山岡良介


スコアレスドロー。でも見ごたえのあるゲームでした。

翌日の新聞で結果だけ知ったという人から、よく「負けたね」「引き分けたね」とだけ言われるのですが、内容が良かったのか悪かったのか、完敗もあれば惜敗もあるのに、説明してもあまり興味を持たれない。この試合は、相手が首位・湘南だということもあったのでしょう。熊日は「ロアッソ 首位に互角」と見出しに取ってくれました(笑)。終了間際には決勝弾の好機もあった、またしても惜しい引き分けでした。

熊本は出場停止明けの村上をCBの真ん中に戻した他は、前節と同じ布陣。対する湘南は、3バックと見せかけて、開始から4バックを敷いてきた。どうもここのところ色々なチームがこの手を使ってきますね(笑)。

20170820湘南

熊本は当初混乱もあったものの、シャドーの上里を一列下げ、八久保を安との2トップにして4バックに当てた。「3-5-2に戻したなか中盤3人の中でうまく対応できた」(公式サイト)と、池谷監督の“修正”が素早く図られます。残念ながら上里シャドーの”真価”がこの試合でも評価できませんでした。

一時は一方的な湘南の攻勢でしたが、前半途中からは熊本もボールを動かせるようになってきました。ただ、40分頃の湘南・表原の至近距離からのシュートは“万事休す”と顔を覆った。しかし、この日も当たっていたGK畑のセーブで事なきを得ました。

「相手に押し込まれていてもカウンターの準備を!」(公式サイト)というハーフタイムの指揮官の指示には、当然もっと細かいポジショニングなどの修正指示が伴っていたでしょう。DFラインでの跳ね返しのボールが中盤によく収まり、そこからボールも人も動いて、繋いで上がるシーンが増えてきました。

しかしリーグ最少失点を誇る湘南の守備も堅い。八久保に代わって入った嶋田が、右サイドをえぐった黒木のクロスにニアに飛び込みましたが、湘南DFにクリアされる。

運動量が落ちてきた湘南に畳みかけようと、熊本は田中を投入。さらには巻を入れて前線からのプレスを高める。

アディッショナルタイムは4分。左サイドからDF裏に出たパスに田中が飛び出すとGKと1対1。しかし田中のシュートは湘南GK・秋元の好セーブに合ってしまう。タイミングをずらしきれませんでした。

思えば、前節・岐阜戦と似たような展開になりました。相手の攻撃を凌いで凌いで、足が止まり始めたところを仕留めようという狙い。「プラン通りのゲーム展開になったし、欲を言えば最後のシーンで点が取れれば、自分達が描いたゲーム展開になった」(公式サイト)と指揮官も言う。

前節は大木監督に褒められた熊本の組織的守備でしたが、今節も試合後に握手を求めに来た曺(チョウ)監督が、「守備が・・・」と、日立の先輩・池谷監督に話しかけた声をDAZNが拾っていました。残念ながらそのあとの言葉が聞こえなかったのですが、間違いなく褒めていたのだろうと。

監督交代からまず着手した守備の再構築は、形になった。あとは得点力というところでしょうか。

また讃岐が勝利して、勝ち点2差に迫ってきました。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/629-90a72a06