10月14日(土)
【J2第37節】(西京極)
京都 2-1(前半1-1)熊本
<得点者>
[京]石櫃洋祐(38分)、田中マルクス闘莉王(71分)
[熊]オウンゴール(22分)
観衆:7,483人
主審:廣瀬格


2試合連続で、一番警戒していた選手に決められてしまいました。前節は「あれを放さない、しっかり最後まで頭を入れる」と“一瞬の厳しさ”を求める飯尾和也氏の言葉を紹介しましたが、「決勝点の場面は防ぎようがなかった」(熊日)と池谷監督は言う。マンツーで付いていた植田は、「自分が跳んだ後に跳ばれた。もう少し自分が我慢できていれば」(同)と後悔する。

20171014京都

1勝3分9敗と、一方的に分が悪い京都とのアウェー戦でした。高さのある京都。「闘莉王とイ・ヨンジェに入ったあとのセカンド争いがキーになることは確か」(熊本蹴球通信)と、戦前井芹さんも指摘していましたが、序盤はまさにそこがうまくいかない。ロングボールを跳ね返したところ、落ちた中盤での京都のプレスが激しくて、押し込まれる。

8分頃、京都の波状攻撃のなか右45度からのミドル。これはPA中の黒木がヘッドで跳ね返す。12分頃には左サイドに回され、石櫃からのクロスにファーで闘莉王が高い打点で打ちつけた。間一髪GK畑がセーブしましたが、後から考えるといずれもこの日の京都の得点を予兆させるようなものだったのです。

しかし流れを変えたのは上里からの一本の長くて速い左サイド奥へのグラウンダーパスでした。これには惜しくも片山が追いつけませんでしたが、京都の重心を少し後ろにさせた。中盤で拾えるようになると18分には上村がDFの裏を取ってPAに侵入しますが、GKに阻まれます。

京都のディフェンシブゾーンを襲えるようになると22分、左サイドからのFKに上里が、ニアに意表を突く低く速いキック。このボールがDFの足に当たって抜けると、おもわず闘莉王が足を出してボールはゴールに吸い込まれる。自責点としてしまいます。

運よく転がり込んだ先制点でしたが、凌いで自分たちの時間帯にしたからこそでもありました。その後も熊本のペース。京都は我慢の時間帯が続きます。

熊本はこのまま前半リードで終わらせたい。しかし京都も反転攻勢。右サイドPA前で仕掛けた田村を倒して植田がFKを与えると、石櫃のキックから小松屋が拾い直してクロス。しかし、グスタボのクリアが小さいとみた石櫃、グスタボが寄せてくる前に足を振った。抑えてドライブのかかったシュートが、PA内のDFの間を縫ってゴール左に転がり込んでしまいました。

振り出しに戻った後半。ハーフタイムでの指揮官の指示は、「セカンドボールをもっと意識しよう」「マイボールになったら、慌てず動かしていこう」。そして「相手にしっかり身体を当てていこう。耐えるところは我慢強く!」(公式)というものでした。

後半開始早々、京都の前線からのハイプレスで危うくPA内に入られそうになりますが、三鬼が奪って素早く前線に長いパス。これをグスタボが胸で前進方向に落とすと、黒木が拾って右から低いアーリークロス。左から上がってきていた嶋田に届くと、流し込むようにシュート。しかしこれはGKがブロック。それを再び拾った上村が嶋田とワンツーして放ったシュートは惜しくも枠の右。何度もない、決定的なチャンスでした。

その後いっときは攻守切り替えの早い攻防戦となりましたが、熊本にリズムがあるとみるや京都の布部監督が先に動く。ヨンジェに代えて大黒。田村には伊藤と2枚代え。

「大黒か。やっかいな選手を入れてきた」というわれわれの思いは、ピッチ上の選手たちも同じだったのでしょうか。京都がリズムを得て巻き返し始める。

すると71分、京都に与えた右CK。縦に並んだ京都の選手たち。動き出しに中央スペースを空けさせられると、陰から飛び出すように闘莉王がジャンプ一番、高い打点でゴールネットに突き刺します。

その直前にはかなり疲れている様子を画面越しに見せていた闘莉王でしたが、ここぞという場面ではやはり仕事をする。怖い男でした。この得点は自身100得点目の記念ゴール。試合後のインタビューでそれを祝福されると、「オウンゴールのことですかね(笑)?」とうそぶきました。

熊本も上村に代えて中山、片山に代えて田中。グスタボを諦め、コンディションが不安だった安を投入。最後は植田を上げてパワープレイ。

しかし、アディッショナルタイムの三鬼からのクロスに跳んだ植田のヘディングも、途中から入ったケヴィン・オリスに身体を張られて枠の左。万事休しました。

先制したものの逆転負けでした。せめて同点引き分けで勝ち点1は持ち帰りたい試合だったのですが。指揮官はDAZNのインタビューに、「後半の決定機で取れなかったのが大きい」と悔やみました。

「警戒していた“個”の力でやられた」とも言う。確かに闘莉王の高さはこのリーグでは“破格”に違いありません。しかし前述したようにあのセットプレーは、その“個”の力を活かすようにチームとしてデザインされてもいたように感じます。そして最後にケヴィン・オリスが、しっかり跳んだことも、チームとして徹底していると…。まあ、それを可能にするのもまた個なんですが。

ただ、熊本も4試合ぶりにアンカーに入った上里の展開力、三鬼の気の利いた縦パス。上村も嶋田もPAに顔を出せるようになって、京都を一時は追いつめた。どうしようもないような攻撃の手詰まり感は解消された試合でした。

まだまだ強豪チームとの厳しい対戦が続きますが、勝機は十分にあるように感じましたね。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/637-feb1b358