11月11日(土)
【J2第41節】(えがおS)
熊本 1-4(前半0-0)金沢
<得点者>
[熊]巻誠一郎(90分+1)
[金]宮崎幾笑(65分)、沼田圭悟(72分)、佐藤洸一(83分)、山崎雅人(87分)
<警告>
[熊]グスタボ(77分)、嶋田慎太郎(89分)
[金]垣田裕暉(70分)
観衆:9,584人
主審:上村篤史


20171111金沢

どうしてこうも大一番に弱いのでしょうかわが軍は。なんで、どうして厳しい状況に自ら持っていってしまうのか。

金沢に4失点して得失点差で山口と同じにし、翌日その山口が町田に1-0で勝利したことによって勝ち点で並ばれ、得失点差1で自動降格圏内21位に落ちてしまいました。

「受け入れがたい結果になってしまった」(熊本蹴球通信)と、試合後の会見で池谷監督は言う。いや、それはファンやサポーターが言うべき台詞であって・・・。

「前半はかなりいい形で進められ」(同)たことは確かでした。右WBで先発した田中が緩急をつけたドリブルで相手を交わして持ち上がる。グラウンダーで入れたクロスを安がスルー。嶋田からもらい直してのシュート。しかしブロックされる。その後も自陣からのリスタートに左サイド黒木が奥まで走り込んでクロス。中山がPA内で粘って戻したところに嶋田が走り込んでのミドルは枠の上。

しかし「前半に1点取りきれなかった」(同)。

「熊本の選手たちのミスによって随分助けられている」()と言ったのは敵将・柳下監督。「後半は向こうも修正してくるだろうから前半のことは忘れて」(同)と池谷監督も警戒していたようですが、「いくつかのスペースがあるので、そこを使いながら」(DAZN)という柳下監督の狙いには対応できませんでした。

サイドハーフの選手が中に絞ってDFラインとボランチの間を使うと、SBの選手に上がられて3バックの間も開けられる。金沢得意のカウンターを一番警戒していた指揮官でしたが、圧力を持った攻勢にさらされての4失点。「それが決まるか」というシュートもありましたが、熊本側の足が止まったのも、最後のところの“緩慢さ”もあってのことでした。

愚痴ばかりになるので、もう多くを語りません。先日引退を発表した岡本が後半途中出場して、彼らしさ溢れる気の利いたスペース取り、パスを送りますが、ホーム最終戦を勝利で飾れませんでした。最後に巻が意地の1点を決めてくれたのが、なによりの救いか。

薄氷は割れて冷水のなかに落ちてしまいました。しかしまだ終わったわけではない。他力本願ではありますが、まだ這い上がれるチャンスはある。われわれは、目の前の相手を倒すだけ。最終節はただそれだけです。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/641-ea1ca273