FC2ブログ
2017.12.28 年末ご挨拶
恒例により年末のご挨拶を申し上げます。

熊本地震に見舞われた昨年。逆境のなかで残留をつかみ取ったシーズンを終えた後の年末ご挨拶を読み返してみたら、「この震災を経験して熊本というクラブが間違いなくひとつランクアップしたのだということ。」と記していました。そのときは、これ以上の苦境はない(だろう)と思っていたのです。

しかし蓋を開けてみれば今シーズン、これほど勝てない試合が続くとは。清武の穴を埋めきれなかった選手補強が甘かったのかも知れない。開幕から怪我人続出でベストメンバーを組めなかったことも災いした。2度目のシーズン中の監督交代。そして、再び(いや三度)チームの指揮を執った池谷氏でしたが、浮上させることは叶わなかった。自動降格圏の21位に終わりましたが、幸運なめぐりあわせで降格を免れました。

ならば、この“幸運”を活かすしかない。

シーズン終了後、翌日の池谷氏の辞任の報には、クラブの行く末に不安が先立ちましたが、その後もたらされるニュースは、今のところわれわれを明るくさせるものばかりと言っていいでしょう。クラブもこの機に“脱皮”を図って第2形態に変わろうとしているかも知れない。この状況を見た北九州サポーターが「とにかくJ2に残ってさえいればいいことがある」とTwitter上でつぶやいていたのが、なんとも重く感じられました。

25日には、織田GMと渋谷新監督の記者会見が熊本市で開かれました。

永田代表が語った織田さんの就任要請の経緯は、ほぼわれわれが見聞きしたとおりのようです(熊本蹴球通信)。
織田さんのコメントを読むと、「アカデミーで育てるということももちろんですが、アカデミーに限ることなく、高卒や大卒の新卒の選手、あるいは他クラブで出場機会が得られていない若手の選手、もしかするともう一花咲かせたいと思っているベテランの選手、そういった選手達を我々のクラブでしっかり育成をして、そしてチームを作っていく」(公式)という方針のよう。

また、今シーズン大宮の監督を解任された渋谷監督は、降格圏内に終わった熊本に重ねて、「自分自身の悔しさもそうですけど、熊本さんの今年の結果の悔しさもとにかく晴らすために一緒になって戦いたい」と、就任の抱負を語りました(公式)。

新監督のチーム戦術は、大宮時代から志向していた「堅守多攻」を引き続き目指していくようで、「これから新しい選手なども来て、今までの選手だったらこうだなとイメージがあるので、そこをしっかりと積み上げていけるようにしたい」(公式・渋谷監督)と。

これまでDF高瀬優孝(大宮)、DF青木剛(鳥栖)を完全移籍での獲得。FW皆川佑介(広島)の期限付き移籍加入などがあった半面、三鬼海が山形に移籍するなど、選手人事も動きが大きくなってきました。

「年内は広島に籍がありますが、了解を得た上で、熊本さんの来季に向けた編成に加わらせていただいております」という織田GM。「渋谷監督に自信を持っておまかせできる編成にしたいと思っています」という言葉がなんとも頼もしい。

この正月は、いいシーズンを迎える初夢を見たいところですが、いや待て。自己紹介の場面で「魔法使いではございません」と言ったGM(熊本サポーターの流行語になりそう((笑))。われわれも一歩ずつのチーム改革を見届けていきたいと思います。

今年も弊ブログをご覧いただきありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/645-e5eee0c6