2018.01.14 始動。
明けましておめでとうございます。と言うにはすでに月もなかば。ゆっくりと休みをいただきました。今年もよろしくお願いいたします。

われらがロアッソ熊本は、その間多くの選手人事があり、そして年明け10日に新入団選手を中心とした記者会見、11日からチームとしても始動しました。あいにくの大雪のなか、苓北キャンプをスタートさせましたが、渋谷新監督の「私が北海道出身のため雪を連れてきた」という発言で和ませました。

選手の出入りは、もう収まったということなのでしょうか。それにしても最終戦までもつれた”残留”、そしてフロント改革の割りには、素早く、そして手堅い選手獲得が行われてきたように思います。
10日に発表された選手一覧を、われわれは生年(年齢)順に置き換えて、その年齢分布がわかりやすいようにしてみました。赤字が新入団選手。

1980(38) FW巻誠一郎
1982(36) DF青木剛(鳥栖)
1983(35) DF片山奨典
1984(34) DF園田拓也
1986(32) MF上里一将、GK 佐藤昭大
1987(31) MF伊東俊(京都)、DF 多々良敦斗(千葉)
1988(30) DF植田龍仁朗
1989(29) GK畑実、MF黒木晃平、MF 村上巧
1990(28) FW安柄俊
1991(27) MF中山雄登、MF上原拓郎、DF小谷祐喜、 GK野村政孝、 FW皆川佑介(広島)、 DF高瀬優孝(大宮)
1992(26) MF田辺圭佑(琉球)、MF田中達也、DF 鈴木翔登
1993(25) MF八久保颯、GK内山圭、 DFイム・ジンウ
1994(24) FW佐野翼(新潟S)
1995(23) MF林祥太、MF上村周平、MF池谷友喜(中央大)、MF坂本広大(中京大)
1996(22) DFヤン・サンジュン
1998(20) MF米原秀亮
1999(19) DF衛藤幹弥 (ユース)

こうしてみると分かるのは、中軸、縦のラインにきっちりと補強があっているということですね。鹿島時代に日本代表にも呼ばれたことのあるベテラン青木をCBで使うのかそれともボランチなのか。多々良はSBなのかCBなのか。伊藤をどこで使うのか。シンガポールで得点王を取った佐野の実力は。色々楽しみな面もありますが。

一番興味をそそられたのは、まずは最初に発表のあった左SBの高瀬、そのあとのFW皆川、ボランチの田辺という、FW安も含めた”中央大の攻撃ライン”の完成ですね。これは安があって、中央大OBの池谷氏が辞任前から描いていたことだったのか。それとも広島・皆川を含めて新任・織田GMの仕事なのか・・・。非常に興味深いところですが、それは今後のマスコミの取材に期待しましょう。

若手では、ユースからDF衛藤のトップ登録。そして、池谷と坂本の大学を経ての入団は、クラブの歴史としては初めてとなります。

一方で、退団選手も記述しておかねばなりません(かっこ内は移籍先)。一番のエポックは、嶋田でしょうか。大宮へ完全移籍となりましたが、これはユース出身選手が初めて他チームへ移籍するというケース。育成費も含めた移籍金など、クラブにとって初めてのケースになったのではないでしょうか。

小牧成亘(藤枝)
薗田 淳(秋田)
田鍋陵太(未定)
光永祐也(藤枝)
三鬼海(山形)
嶋田 慎太郎(大宮)
モルベッキ(磐田)
平繁龍一(群馬)
木村祐志(水戸)
グスタボ(未定)
菅沼 実(未定)
ジュニオール(未定)

さぁ新しい顔ぶれになった熊本。主軸の多くは残り、そしてその上に新戦力が追加されたように思います。

11日、初日の練習後、渋谷監督は記者団に、「熊本はハードワークが持ち味」と、大宮時代の対戦の印象も踏まえてでしょう、そうコメントしました。そして「それが当たり前になるようにそれに取り組む」と。

さぁ、どんなチームづくりになるのでしょうか。開幕戦は2月25日(日)アウェー山口戦に決定しました。なにはともあれ、そこまでの底上げ。楽しみでしかありません、

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/646-dfc20703