2018.02.16 熱量。
仕事が忙しくて、練習試合どころか日頃の練習さえ観に行けず、なんのネタもありませんでした。悔し紛れに14日にホテル日航であった「2018シーズン チーム壮行会」に出かけてみました。

翌日の熊日によれば参加者は約260人だったとか。初めて参加した当方は、「案外少ないものだ」という印象だったのですが、例年来ている人によると、今年は多い。それも期待の表れだと。

それにしても、永田社長の挨拶も来賓の挨拶もそうでしたが、なによりスポンサーを代表しての平田機工さま(平田社長の文面を代読しながら)の挨拶と、マイナビさまの乾杯の際の激励が“熱かった”こと熱かったこと。一気に会場のボルテージを上げて、われわれ参加者も意気上がりました。

「熊本のためになにができるか」とか「どんなときもロアッソを愛し続けて」などという言葉(フレーズ)は、よくある業界や経済界パーティーのとおり一遍のご挨拶ではなかなか聞けない台詞。スポーツを支援(スポンサード)する会合ならではの雰囲気、と思った次第です。

というわけで歓談に移ったあとは、旧知の方々やスタッフ、特に首藤君の姿を探してご挨拶したりしましたが、一番の目的であった織田GMと少しだけお話しできたことが最大の成果でした(笑)。

就任のいきさつは、これまで伝聞ながら書いてきたことを裏付けるものでした。一番聞きたかった「なぜ熊本を選んでいただいたのか?」という当方の問いに対しては、「永田社長ほかの方々の熱意に打たれて」ということと、「広島の社長を務めたが、もう一度自分の大好きな強化の仕事をやりたかった」ということが大きかったのだと。その心意気。われわれにとっても、生涯においてどんな仕事人生を送るべきかということと重ね合わせずにはいられません。

社長退任というタイミングと、“縁”と“熱意”。この3つが相まって、この大物と熊本が結ばれることができたのですが、いやいや本人はそういうことを向けると恐縮至極で、とても腰の低い、物腰の柔らかい人でした。

来賓の挨拶にも端々に、今年は“結果”も問われるという言葉が聞かれました。「”奇跡的に”降格を免れたのだから」という厳しい表現も加わった叱咤激励・・・。

会場にまん延したそういった“熱量”を選手たちはどう受け止めたのでしょうか。あいにく選手たちとはあまり話しはできず。唯一、通りかかった池谷ジュニアに「点を決めてるね」と声をかけたばかり。受け答えの印象は、けっこうクレバーな青年だなと思いました。父親ゆずりかも知れません。

「開幕・山口戦は伺います!」。出口で見送るスタッフに、おもわずそう宣言してしまったのは、酔った勢いか会場の熱量のせいだったのか。開幕まであと2週間を切りました。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/647-a02a0642