4月21日(土)
【J2第10節】(西京極)
京都 1-2(前半1-0)熊本
<得点者>
[京]レンゾ・ロペス(28分)
[熊]黒木晃平(54分)、園田拓也(90分+4)
<退場>
[熊]中山雄登(70分)
<警告>
[京]本多勇喜(56分)、重廣卓也(79分)、大野耀平(90分+3)
[熊]中山雄登2(7分、70分)、伊東俊(77分)、小谷祐喜(86分)
観衆:4,405人
主審:野田祐樹


20180421京都

いやはや大逆転でした。過去の対戦で1勝しかしたことのない苦手・京都との対戦。連敗中の相手とはいえ、ホームの力を背景に、前半は相当押し込まれ、長身FWレンゾ・ロペスのヘディングで先制点を与えます。
しかし、後半早々右WBの田中から中山、その縦のパスに田中がえぐって折り返したニアに入ってきていたのは、なんと左WBの黒木。初得点で同点。
その後、中山が2枚目のイエローで退場になり10人になるものの、伊東、巻と交代カードを切った渋谷采配が的中。後半アディッショナルタイムのラストプレーともいえるFK。八久保のキックを巻が落とすと、園田が押し込み、劇的な逆転勝利を納めます。順位は6位に上げました。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/657-f6494bce