5月20日(日)
【J2第15節】(水前寺)
熊本 2-1(前半1-1)水戸
<得点者>
[熊]皆川佑介(8分)、上村周平(55分)
[水]田中恵太(14分)
<警告>
[水]前寛之(57分)、細川淳矢(89分)
観衆:3,206人
主審:清水勇人


ホッとしたというのが正直な気持ちでしょうか。最後は水戸の猛攻に、胃がキリキリしましたが、なんとか逃げ切り勝利。連敗を4で止めました。

震災で受けた大きな損壊の改修がようやくなって、3年ぶりとなる水前寺競技場でのホーム戦でした。くしくも3年前の試合は、渋谷監督が指揮していた大宮が対戦相手。リーグ首位をひた走るその大宮に3-0で勝利したわれわれは「2015.10.12 大宮に完勝。」と題して、その喜びを爆発させています。そのときの敗戦の将・渋谷監督の紳士的なコメントもさすがながら、その試合で一番われわれが誉めていた選手が上村。今節、この試合では勝ち越しゴール、勝利の立役者。なんとも不思議な因縁を感じます。

その上村を一角に、今節、指揮官は中山との2ボランチにしてきた。4連敗中、「プレスの激しい相手にワンアンカーでは厳しいのではなかろうか」とわれわれも敗因を素人分析していました。ただ2ボランチにすると前の並びが難しい。「監督としては、安と皆川という強力な2トップを失いたくないんだろう」とも想像していました。

20180520水戸

「4連敗していたから」(熊本蹴球通信)と、指揮官はそのシステム変更を英断しました。ワントップに皆川。その一列後ろには安と八久保を置いた。安にとってはゴールから遠ざかるだけでなく、守備の負担も役割も変わる。その点を「彼にとっては本当に申し訳ない気持ちですが、でもチームのためにしっかりと戦ってくれたし、勝利を呼び込んだのはビョンジュンのハードワークが大きいんじゃないかと思います」(同)と言ってねぎらうのも渋谷監督なればこそでした。

3年前の“ハードワーカー”が上村だったとすれば、この試合ではなんと言っても2アシストの田中を誉めなければいけません。先制点のショートコーナーからのクロスも絶妙でしたが、勝ち越し点の際は、CKのサイドからシュートを打つとブロックされる。それを回収した小谷が反対サイドにパスを送ると、まわりにまわって走り込んだ。ダイレクトのクロスに黒木と青木がつぶれた先に、上村が精いっぱいのジャンプで頭で叩きつけました。

これでアシスト数を8に伸ばした田中。それ以外でも、タッチを割ろうとするボールを俊足で追いかけマイボールにする、ディフェンスにも一目散で駆け戻るなど、チームを鼓舞し、ファンを沸かせるプレーでの貢献度は大きい。

DAZNでもリポーターの森田さんが紹介していましたが、彼にとって“支え”になっているのは北嶋コーチが書いた一遍のブログ記事だという。「ごっつぁんゴールの美しさ。」という2015年のその記事のなかで北嶋は、初ゴールを決めた田中に対し、「一回のチャンスのために何度も何度もそこに走り続けた結果」だと誉めている。その言葉が田中の今を支えているのだという。そして今、「結果を重ねるごとに自信が深まっている」(熊日)と田中は言う。

連敗を止めた試合。決して手放しで喜べる内容ではないものの。失点の場面は「ボールを保持するが故の失点で、僕自身はあれはミステイクだと思いますし、選手本人も分かっていると思うので改善できる」(熊本蹴球通信)と監督は言う。今日のシステムにしても、「今までのやり方と今日のやり方を混ぜながらとか、相手によってということをやっていけば、うまくいく可能性がある」(同)と、相手によって変更していくことに含みを持たせました。3トップの役割もこれからもっと整理されて、研ぎ澄まされてくるのではないか。

この結果で熊本は暫定ながら12位に浮上。しかしながら8位甲府と18位千葉までが勝ち点3差内という大混戦です。

それにしても。熊本のサッカーの聖地・水前寺にJリーグが戻ってきたこの日、連敗に終止符を打った。陸上トラック併設とはいえピッチとの距離が近いこのスタジアムでは、ワンプレーワンプレーへの歓声が選手たちにもより伝わり、えがおスタとはまた違った雰囲気を醸し出す。

それが、最後まで水戸の猛攻に耐えきった所以だろうし、水戸のシュートをポストやバーに当てさせたのは、そんなチームやファン・サポーターの思いに対する、聖地の神様のご褒美かもしれません。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/662-c8d6210c