何年かぶりにJ1-J2入れ替え戦を真剣に観ました。もちろん、どちらかが来年戦う相手になるという現実感もあって。
今シーズンはJ2もパラパラと観戦したんですが、それにしても入れ替え戦の緊迫感は違いました。攻守の切り替えの早さ。攻めの組み立ての速さ。90分のなかの密度の違いというか・・・。2戦目、1点がどちらかに転べばそれが明暗を分けるという息を呑む展開。そしてなによりスタジアムの壮絶とまでいえる雰囲気。

とにかくこれで来シーズンの顔ぶれが決定しました。
J2降格となった広島は、有力選手をそのまま保持できるのか。
新生“都並”横浜は若返りを図り全く新しいチームを作ってくるのか。
J1を席巻した甲府の攻撃的サッカーをロッソは封じ切れるのか。
一時は昇格圏内にいた仙台、ロペスを失い、どういったチームに変身してくるのか。
古巣C大阪の攻撃を防ぐ闘将福王の維持の戦いが通じるか。
同じく古巣の湘南、池谷監督の秘蔵っこ加藤望の得点力には、ボランチ吉井、守護神小林が立ちはだかるのか。
大挙してやってくる福岡のサポーターの前で、われわれはホームの雰囲気を堅持できるのか。
上位を脅かす実力の鳥栖との対戦は、新たなダービーと呼ばれるようになるのか。
J2を知り尽くした山形、テクニシャン財前との戦いは。
愛媛、徳島の四国勢は、JFLで見た頃とどう変貌を遂げているのか。
草津や水戸に、何人のサポーターが集結できるのか。
何より同期生の岐阜に、借りを返すことができるのか・・・。

JFLではポゼッションサッカーを推し進めた(と思うのですが)ロッソも、そのままのスタイルでこのステージを戦えるとは、到底思えません。かと言って、決まり切った堅守・カウンターというスタイルを選ぶのか、またすぐにそのスタイルを確立できるのか、それもまた疑問・・・。

Jリーグは開幕直前に、全チームが集まってプレス・カンファレンスを開催するのが恒例です。そのとき各チームは、その年のチームコンセプトを簡潔な”キャッチフレーズ”にして表明します。
さてさて、ロッソはJリーグ初年度、どんなキャッチフレーズを掲げるのか。
今から興味が尽きません。

待ち遠しい新しいステージ、3月にはスタートする新しいシーズン。
ホームゲームの記念すべき年間チケットが売り出されたら、真っ先に購入しましょう。熊本が初めて体験する新しいシーズンを、”Jリーグ”を、みんなで精一杯楽しみましょう。
TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/67-ac770a1a