FC2ブログ
7月16日(月)
【J2第23節】(えがおS)
熊本 2-3(前半1-2)町田
<得点者>
[熊]安柄俊2(31分、47分)
[町]中島裕希2(9分、19分)、藤井航大(70分)
<退場>
[熊]安柄俊(76分)
<警告>
[熊]安柄俊2(12分、76分)、伊東俊(73分)
[町]井上裕大(39分)、福井光輝(84分)
観衆:3,571人
主審:池内明彦


20180716町田

ぐぬぬぬ・・・。なかなか勝てません。前半戦からのターンを挟んで、これで3連敗。順位こそ19位のままでしたが、下との差がジリジリと縮まってきました。ふーっ。

またしても開始早々の失点という悪癖。19分にも追加点献上。いずれも警戒すべきFW中島。このあたりまで町田に押され続け、熊本のシュートはゼロではなかったでしょうか。

これには試合後の渋谷監督も「残念ながら今日はスタートから、本当に戦いに挑んでいるのかなというような、選手たちがプレーをやめるというわけじゃないですけど、しないように見えるような、非常に残念な戦いでした」(熊本蹴球通信)とさすがに手厳しい。

この日の観衆3,571人のなかには、この時点でもう帰ってしまう人たちもいましたが、2点先取されたあと、ようやくこの日の狙いだった左CBの多々良からの大きなサイドチェンジのパスが右WBの田中に通り始めます。

そんな田中のクロスは大きく左に抜けますが、それを対局の黒木が拾って入れ直すと、ニアの伊東がフリック。安が持って回り込んで脚を振った。DFの股を抜いてゴールに突き刺さります。飛び上がって吠えるように喜んだスタンド。ファン、サポーターに勇気を与える安のゴールでした。

2-0は怖いスコア。それを文字通り体現するように、後半開始早々にも安の追加点で同点。後半から黒木に代わって入った坂本が俊足を飛ばして左サイド奥から入れたクロスを、ニアの皆川が落として、そこに安が飛び込んで来たカウンター攻撃でした。

しかし、「2−2になって、その後も勢いを持って取りに行くのか、2−2になったのでコントロールしてサッカーをやるのか、その部分ではベンチワークもあるかもしれません」(同)と指揮官が反省するように、同点にされても動じる様子のない町田は、サイドの杉森に代えてFW鈴木で押し込んでくる。

70分には再び右CKから藤井に決められ、突き放されてしまいました。

セットプレーに定評がある町田とはいえ、「なんでそこ“どフリー”なの?」と現地では思いました。DAZNで見直してみると、中島も藤井もうまく熊本のマーカーを外してますね。3点目のシーンなどスクリーンプレーのようでした。かなり研究している。

熊本はこの試合、3-4-3から再び3-5-2に戻し、安と皆川が距離間よくプレーし得点も取れた。ただし試合を通して感じたのは、セカンドボールの取れなさ。このシステムの難点なのか、それとも出足の問題なのか。

勝負強さをみせた町田は、一気に2位に躍り出ました。熊本は次節、得点源の安の出場停止を抱えるものの、鳥栖から期限付き移籍した水野が出場できるかも知れない。「悪くない」「今日はたまたま勝てなかった日」「熊本の日じゃなかった」などなど。自分を励ますようにそう思いながら、家路に着きました。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/671-db5e9626