FC2ブログ
8月5日(日)
【J2第27節】(えがおS)
熊本 0-1(前半0-1)金沢
<得点者>
[金]加藤大樹(17分)
<警告>
[熊]村上巧(64分)
[金]作田裕次(90分+1)
観衆:3,894人
主審:岡宏道


20180805金沢

負けました。金沢・柳下監督の術中にはまってしまったゲームのような気がしました。久しぶりに無得点。

安と皆川には、厳しく4バックで当たりに行き、アンカーの上村には2トップのうちの清原を下げて自由を奪った。ダブルチームでの激しいプレッシングで、MFは前を向けず後ろに下げると、DFラインからの長いパスは跳ね返されてセカンドボールを敵に回収される。

開始10分頃までの危ないシーンを、この日先発したGK畑の活躍もあって、なんとか凌ぎます。

すると16分頃、大きなサイドチェンジのボールがようやく右サイドの田中に通ると、クロスは左サイドから駆け上がった黒木がシュート。惜しくもGKに阻まれますが、そのクリアを敵陣の深い位置でスローインしなおす場面でした。

左サイド奥でパス交換して作ろうとしていたバックパスを奪われ、金沢が一気にカウンター。俊足のドリブルに付いていけずクロスを入れられると、追走してきた加藤にニアサイド、頭で押し込まれてしまいました。

それまで自陣に押し込まれていて、ようやく攻勢を得たところでの手痛いミスから、カウンター一発での失点でした。

こうなると金沢は攻め急がない。ボールを大事にされると奪えない。がっちり守りを固められると崩せなくなります。
後半早々「あれ?」と思ったのは、安と巻との交代でした。安はそれまで何度も、なんとか状況を打開しようと、ボールを受けると反転を試みるシーンがあったにも関わらず。
その真意を試合後問われた渋谷監督は、「柄俊がどういうプレーをしていたかというのは、皆さんが分析してくれればいいんじゃないかと思います」(熊本蹴球通信)と言う。
指揮官としては、トップ下にスペースがあって、そこでボールを収める役回りが欲しかったようで。確かに安が反転してゴールに向かっても、味方はまだ上がってこれていない。安が一騎、強引に打つ状況しか考えられないかも知れません。難しいですが、監督はそう判断したようです。

プレスでハメて、カウンターで仕留めた金沢。互いにミスがあるが、球際のところでは金沢に上回られた。それは間違いありません。

これで12戦勝ち無し。降格圏から這い上がれない。

けれど、選手たちが挨拶に来たゴール裏は、ヤジやブーイングをかき消すようにチャントを歌い始めた。メインスタンドに選手たちが歩みを進めると、メインのサポーターまでもが呼応するように歌い始めた。それが心に沁みました。

きっと這い上がれる。このサポーターと一緒に這い上がろう。


TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/675-dc9b111e