FC2ブログ
8月11日(土)
【J2第28節】(えがおS)
熊本 3-5(前半1-2)横浜FC
<得点者>
[熊]田中達也(43分)、坂本広大(77分)、皆川佑介(90分+3)
[横]イバ3(17分、52分、56分)、レアンドロ・ドミンゲス2(41分、78分)
<警告>
[熊]高瀬優孝(55分)
観衆:5,423人
主審:榎本一慶


「選手が迷いながら攻守においてプレーしているように感じた。そこを整理できれば得点を拾えると思う。皆の方向性、やりたいことを同じ方向を向いていけば勝てると思うが、そこがうまくいっていないと思う」。

6日に札幌からの期限付き移籍が発表されて、翌日合流したばかり。この日、いきなりアンカーでの先発起用となった横山は、試合後そうコメントしました。(公式twitter @roassoofficial)

大宮時代の恩師・渋谷監督の信任も厚いのでしょう。確かに2015年の対戦時、後半から入った横山に守備を立て直され、形勢逆転、敗戦となった。彼には点も取られました。

今日も随所に”気の効いた”プレーを見せました。ただ、ゲームに出ていなかったせいか、まだ身体が重そうではありました。

20180811横浜

とにかく開始早々から横浜にグイグイ押し込まれました。自信を持って3人目、4人目が上がってくると、熊本は翻弄される。17分には、一番警戒すべきイバに、CKから決められる。熊本も二人がかりで身体を寄せているのですが、それをモノともせず、高い打点で打ち込まれます。

2点目は、熊本のCKのチャンスから一転してのカウンター。最後はレアンドロが決めるのですが、あの身体の大きなイバすらも、猛ダッシュで併走するのですからすごい。

けれど熊本は下を向かなかった。この日は意表を突くように左サイドに入った田中が、皆川とのコンビネーションから崩して、ビューティフル・ゴール。よし!まだ行けるぞと思わせてくれます。

ところが後半、セットプレーのピンチに、またもイバのヘディングから失点。さらにはPKを与えてイバにハットトリックを献上。これは昨年に続く屈辱。

熊本は上里に代えて水野、高瀬に代えて坂本を入れると、4-4-2にシフトチェンジ。これが奏功すると77分、左CBの多々良からのフィードを安が落として、坂本のダイレクトシュートがゴール左隅に決まる。4対2。まだ行ける!

しかし、そのあとすぐ。プレスが緩慢になったところを横浜に難なく運ばれて失点。勢いに水を差されます。

ただただ、今日の熊本を誉めるとすれば、最後まで諦めない姿勢をホームのファンに見せたところでしょう。アディッショナルタイムに皆川がエリア内でヨンアピンに倒されると、このPKをきっちりと決めて、自身二桁得点を達成しました。

試合の流れを振り返ってみれば、2点目と5点目の失点が、なんとももったいなかったですね。帰陣の緩慢さ、プレスの緩慢さというべきか。いずれもレアンドロ・ドミンゲスの得点。タバァレスの指揮のもと、横浜FCの総合力は上がっていて、その中心にイバとレアンドロという力と巧さを兼ね備えた両FWがいる。隙を見せたらもともこもない。

横山より先んじて加入した水野はこう言う。「得点は取れるようになっているが、複数失点なので踏ん張らないといけないところ、得点直後に踏ん張れない、そこを改善していかないと勝つことができない」。(公式twitter)

熊本は坂本が良かった。あの元気とスピードは武器。上村と中山の球際の厳しさも戻ってきたように感じました。ここに横山のパフォーマンスが上がってくれば、中盤はもっと良くなってくるのではと。(ひょっとしたら横山をCBの真ん中にして村上を上げてくるかも知れませんが。)

13試合勝ちなしとチームのワースト記録を更新してしまった試合。同じ現役時代に連敗地獄を経験したことのあるDAZN解説の松岡氏は、「あとは(チームが)まとまるしかない」と言い切りました。ピッチ上で90分間プレーした横山選手の感想にも繋がるようで・・・。

「自分は途中加入だからこそ、厳しく要求しあっていきたい」(公式twitter・横山)。頼むぞ横山。そのリーダーシップで、化学反応を起こしてくれ。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/676-d954c662