FC2ブログ
8月26日(日)
【J2第30節】(えがおS)
熊本 0-1(前半0-0)栃木
<得点者>
[栃]オウンゴール(82分)
<警告>
[熊]安柄俊(84分)、多々良敦斗(90分+3)
[栃]西澤代志也(38分)
観衆:5,012人
主審:谷本涼


「調子のいい栃木に勝って勢いをつけたかったが、勝負の世界は甘くなかった」(27日付・熊日)とコメントした渋谷監督。前節からの連勝を目論んでいただけに、全くわれわれも同感でした。

前節からアンカーの位置を上村から横山に代えてきただけの布陣でした。そういう意味でも、岐阜戦の勝利の流れを活かしたかったのだろうことに違いない。(あ、ちなみに前節のフォーメーション図はアンカーが上里になってますが、DAZNの予想フォーメーションをそのまま写した間違いです(汗))

栃木はここまで3連勝8試合負けなし。熊本にとっても苦手なFW大黒が、このところも連続で得点を取っていました。

20180826栃木

「栃木さんの戦いの中で、1試合通して主導権を握られたまま終わってしまった」(熊本蹴球通信)と指揮官が振り返る、まさにそんなゲームになりました。会社の同僚は、一方的に攻めたれられた展開を、「守備練習のようだった」と例えました。

決して引いて守っているわけではない。縦にもコンパクトながら、横幅もコンパクトに構える栃木。GKのキックをDFラインで撥ね返すところを、密集のなかで必ずきちんと回収する。前線には高さはないのですが、2シャドーにはドリブルの速さがあり、なにより大黒のポジショニング、そこに入る長いボールにも警戒が必要でした。

熊本はそれでもよく守っていたと思います。再三のバイタルでのラストパス、クロスにもよく足を伸ばし、身体を投げ出し、クリアし続けたし、最後は畑のナイスセーブもあった。見ているこっちは胃酸過多でキリキリする思いでしたが(笑)、粘り強く守り切った。ホッとした。そんな前半でした。

ただ、後半も反転攻勢はならない。多くの選手が一様に、栃木に付き合ってロングボールを多用してしまったと反省しますが、栃木の低くもないDFラインの裏のスペース狙いとともに、最終ラインに落ちて配球する今日の横山の役割、その前の上里や中山との距離間を考えると、仕方がない展開になってしまったといえるでしょう。「立ち位置とボールの動かしのイメージを共有できていなかった」「私の準備でそこが足りなかった」(同)と、指揮官が反省するとおりでしょう。いや、この戦術が監督の指示どおりだったのなら、ここは猛省してもらいたい。

このままスコアレスドローでも御の字かと思わせるような後半も終盤でしたが、互いに切った交代カードが結果的に明暗を分けたのかも知れません。

栃木の西谷優希がボールを運ぶと、熊本の水野の裏が取られる。その速い低いクロスを、ゴール前でクリアしようとした村上でしたが、クリアしきれずオウンゴールとなってしまう。
対角線のファーには、大黒も立っていました。

DFラインには高さを有するが、前線には高さがない。けれど反面、速さとポジショニングの巧さを有する栃木。だとすれば縦に横にコンパクトにしてセカンド争いで優勢に立つ。3バックではあるが、守備では5バックにしてブロックを敷き、決してバイタルに入らせない。そして球際強く、走り勝つ。

自分たちのウィークポイントを隠しつつ、逆に”強み”を前面に出して、相手を自分たちの土俵に上げた。熊本も、粘り強い守備があってこそ、このOGの1点に収まりましたが、これまでの”うっかり”守備だったら、もっと点差が広がってもおかしくなかった。横山・栃木との対戦、点差以上の内容でした。

今節、京都が勝利したため熊本は再び降格圏21位に落ちた。ただ、これも京都、讃岐が1試合消化が少ないなかでの順位ですから、極めて厳しい状況だ、といわざるを得ません。1戦1戦が勝負です。


TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/678-ebaf63b4