FC2ブログ
11月17日(土)
【J2第42節】(えがおS)
熊本 3-0(前半0-0)愛媛
<得点者>
[熊]伊東俊(52分)、上村周平(57分)、田中達也(80分)
<警告>
[熊]鈴木翔登(6分)
[愛]林堂眞(69分)
観衆:5,647人
主審:上村篤史


20181117愛媛

得失点差では讃岐を大きく上回ってはいるものの、勝ち点では同じ。結局、最終節までもつれた最下位争いは、熊本にとっては「讃岐の結果に係わらず、とにかく最後目の前の相手に勝てばいいんだ」という開き直りに近い決意に繋がったと思います。

ファン、サポーターの気持ちも同じ。秋晴れのスタジアムで声を嗄らして後押しするのみ。

難敵・愛媛を相手に前半をスコアレスで折り返しますが、出来はいつもと違っていました。なにより際立ったのはDFラインの高さ。それによるコンパクトな陣形。DAZNの解説松岡氏も「自陣ではなく、敵陣でポゼッションするのはいい」と誉める。

そして、奪われたら奪い返す。流行りの言葉でいえばトランジション。攻守の切り替えの速い展開。こんなサッカーが見たかったのです。

試合が動いたのは後半52分。中山の自陣からのロブに右サイド田中が追いついてクロス。皆川がニアにDFを引き付けてできたスペースに走り込んだ伊東の頭にドンピシャ。先制点を上げます。

俄然スタジアムのボルテージが上がると、すぐ5分後には中央を崩す。佐野の縦パスを伊東がワンタッチで出すと、上がってきた上村が右足一閃、ゴールに突き刺した。見事!

愛媛も選手交代を絡めて攻勢をかける。けれど今日の熊本の守備ブロックを割れない。熊本が伊東に代えて黒木をWBに入れ、田中をシャドーに回すとこれがまた奏功した。自陣から鈴木、中山、皆川と繋ぐと、前がかりになっていた愛媛DFのギャップを突くように田中が飛び出した。GKとの1対1を見事に制してダメ押しの3点目を入れます。

ゴール裏に駆け寄りガッツポーズの田中達也。ああ、きついシーズンだったけど、今季のこのヒーローの姿はしっかりと目に焼き付けておきたい。

終わってみれば3-0のクリーンシートでの快勝。敵将・川井監督に「完敗」と言わしめました(18日付・熊日)。

恒例のセレモニーでは、永田社長がこの成績で終わったことの「お詫び」と、それでも引き続きの支援を発表している蒲島知事や、スポンサーに対して、そしてめげずに応援し続けてくれたファン・サポーターに「感謝」を述べました。

おあずけになっていた「カモン!ロッソ」が秋の夕暮れにこだまする。ホーム戦では実に5月20日の水前寺以来。えがおスタに至っては4月1日の新潟戦まで遡る。

熊本は最後に“意地”を見せ、J3の結果次第では降格を免れる21位を自力で掴みましたが、翌日の試合で沼津が引き分けに終わったため、状況は極めて厳しいと言わざるを得ないでしょう。いや、誰もが覚悟はできている。

このところの言動から薄々予想はしていましたが、翌日には渋谷監督の続投が発表されました。シーズン最後の頃は、戦術に批判的なことを書いてきたわれわれでしたが、この人事はこれで良かったと思います。

なによりまず、早く次の体制を発表したのがいい。いらぬ憶測もブレも生む前に。それは知事の支援表明しかり、平田機工の翌日熊日朝刊広告しかり。

それと。前への意識を高めた最後の4戦、なぜもっと早くこの方向転換ができなかったかとも悔やまれますが、井芹さんが新潟戦のレビュー記事で書いていた、「ただ、岡山戦でも新潟戦でも、前への意識が強調されてはいたが単純に蹴っていたばかりではなく、落ち着いて動かすべき場面ではボールを握り、時間を作り、相手を動かそうと試みていた。もちろん質の問題はまだあれど、ここまで積み重ねてきたことが無駄だったかといえば決してそうではない」という見解に、われわれも全く同意です。

大宮のときがそうであったように、落とした監督がきっちりと上げる。そんな責任の取り方があっていい。もともと強く生まれ変わらせるために長期的視野で連れてきた人だから。

ただ、そんなに簡単なリーグは日本のどこにも存在しないことは、九州リーグから上がってきたわれわれが一番知っている。「来季は勝負にこだわる戦いを前面に出」すと監督は言う(公式)。願わくば、多くの“引き出し”も持っていていただきたい。それは、クラブもそう。織田GMにもAプランでダメならBプランという“引き出し”を。そういう体制でなければ、永田社長が挨拶で言った、「必ずや1年で戻す」という目標は達成されないのではないでしょうか。


TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/690-bcf82d02