FC2ブログ
2018.11.27 降格決定
J3降格が決定してしまいました。先週は「覚悟はできている」と書きましたが、いざとなるとなんだか寂しい、哀しい気持ちになるものです。

昔の話をすると若い人たちから嫌われますが、われわれは“青の時代”に一度JFLから九州リーグへの降格を経験しました。ようやく上がった全国リーグから地域リーグへの降格は、それはそれは辛く哀しいものでした。

その後、「熊本にJリーグチームを」県民運動推進本部が立ち上がり、プロ化を目指してアルエットがロッソに姿を変え、九州リーグからあの過酷な地域リーグ決勝を這い上がり、けれどJFL初年度はJ2昇格に失敗。2年目にして念願のJリーグ入りを果たしたことは、みなさんもご存じのとおりです。

その間、多くの人に支えられ、多くの選手たちが「熊本」の名のもとに戦ってきた。J2参入後もそうでした。そんな、短くもないこのクラブの歴史を思うと、少しはセンチメンタルになる時間を許していただきたい。

ただ、戦う場所は違っても、チームが、クラブが無くなってしまうわけではない。クラブの体制も、取り巻くスポンサーも、なによりファン・サポーターの数も、あの降格時とは比べ物にならない。

先日、「2018シーズン感謝の集い」に参加させていただく機会を得ました。

印象的だったのは、スポンサーを代表して挨拶された平田機工の藤本取締役執行役員のお話し。ロアッソのスポンサーとして社内の特命チームを任されたご苦労。先輩スポンサーの高橋酒造の久保田部長を招いて話を聞いたが、飲み過ぎて翌朝すっかり忘れたと、最初は笑い交じりのお話しでしたが、そのあと最終節で久しぶりに勝利したとき、ゴール裏で振り返ると、一緒に苦労した社員たちの満面の笑顔があった、というくだりでは、感極まって長い間があり、もらい泣きする人も少なくありませんでした。

重要だったのは、最終節翌日の熊日朝刊に掲載されたあの広告の意図。ただちに支援継続を表明されたのは、「ファン・サポーターにいらぬ不安を与えたくなかった」ことと、「この場にお集まりのスポンサー各社にも、同様に変わらぬ支援をお願いしたかった」から。
「大企業が親会社のJ1ビッグクラブと違って、ロアッソはここにおられる1社1社のスポンサードがなければ成り立たない」と自ら訴えられました。万雷の拍手でした。

“show the flag”。旗色をはっきりさせる。先週のエントリーでわれわれが、監督続投や知事の支援継続表明とともに、素早い対応で良かったと評価したのは、「いらぬ不安の払しょく」。まさにこの点でした。早い決断は、次に向かう準備が早めに取れるということにもつながります。

藤本取締役は一方で、チームに対して苦言も忘れませんでした。自分の会社も田舎の一機械メーカー。なんとか利益は出ているが、なかにはなけなしの利益からスポンサー料を払っておられる会社もあろう。そういった支援のうえで成り立っているということを肝に銘じて、選手たちには奮起をお願いしたい。といった内容でした。

2月。このシーズンの開幕前の「チーム壮行会」に参加したときに感じた期待感を、「熱量。」というタイトルで記事にしました。今頭に浮かぶ言葉は「覚悟」。それは冒頭に書いた「J3降格を覚悟していた」の覚悟ではなく、1年でJ2に戻るために、われわれファン・サポーターも来シーズン「覚悟を持って臨む」。という意味の覚悟です。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/691-7f4722d6