FC2ブログ
2019.02.22 出陣前
今年もこの時期は公私ともに多忙で、練習試合どころか練習も全く見に行けていません。井芹さんの「熊本蹴球通信」を頼りに、様子を窺うくらい。というわけで、昨年同様、「ロアッソ2019シーズン壮行会」だけ覗いてきました。

熊日の記事によれば、参加者は約230名ということですから、昨年よりは30名ほど減った勘定になりますが、この会でしかお会いできない旧知の方々もいて、杯を酌み交わしてきました。

ステージ上の挨拶で印象に残ったのは、今年も平田機工様でしたね。今年は代読ではなく、直接平田社長がお見えになって話をされました。熊本地震の時から始まるそのお話しに、社長ご本人が感極まって声を詰まらせる部分もあり、会場は静まり返りました。

あの時、とにかく仕事で熊本にお金を落とせと社員に厳命したこと。社員たちも被災者だったが、懸命に働き、年間最高の売り上げを達成したこと。おかげで社員が一丸になった、と。震災を経験した選手、経験していない新しい選手たちも皆、神妙に聞き入っていました。

ステージイベントが終わったあとは、選手たちも交えた立食パーティになるんですが、シャイな私も今年は勇気を出して、何人かの選手に話しかけてみました。その一人、今年10番を背負う伊東選手からは「順調に仕上がっている」という言葉が聞け。さらに「今年入ってきた選手はみなうまくて」と言う。特に「原一樹選手」という名前を聞けました。

じゃあ、キラーパスでアシストお願いしますよ。と言うと、「いや自分がゴールを決めます」と、FWに入ることもある新10番は今年にかける意気込みを話してくれました。

早く新メンバーによるゲームが見たい。その気持ちは募るばかりですが、これから行われる練習試合は非公開ばかり。とうとう3月10日の開幕戦まで待たされることになりました。生半可な気持ちでは戦い抜けない、苦しいシーズンになるかも知れませんが、今年も応援していきます。昨年同様、ホーム戦は観戦レポート、アウェーは結果のみとなるかと思いますが、お付き合いいただければ幸いです。
TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/695-adf755db