FC2ブログ
5月26日(日)
天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会
【1回戦】[えがおS]

熊本 2-0(前半0-0)ヴェルスパ大分
<得点者>
[熊]高瀬優孝(57分)、小谷祐喜(76分)


まずは最初に。毎回のエントリーごとに拍手コメントをいただく「ゆうらん」さん、いつもありがとうございます。ご返信できない仕様のため、こちらでお礼を申し上げます。今後もご一緒に応援していけたら幸いです。


さて、この日曜日はホームえがおスタジアムで行われた天皇杯の1回戦、ヴェルスパ大分戦を観戦しましたので、簡単にレポートしたいと思います。

熊本はいつもどおりの4-4-2。先週のリーグ戦からは岡本、原を休ませて、田辺、北村を使ってきました。一方のヴェルスパ大分は3-4-3だったと思います。

20190526V大分

「最後まで粘り強く戦う、体をつけるとか、守備に関しては非常にタフに戦ってくるチームだというのはわかっていた」(熊本蹴球通信)と渋谷監督が言うとおり、V大分は、前線からプレッシングするというより、ボールが自陣に入ってきたところで球際激しく潰す。熊本はなかなかバイタルを自由にできません。そうこうしているうちにパス回しも読まれてインターセプトからカウンターを受ける危ない場面も。しかし、熊本も2、3度大きなチャンスがあった。そんな前半でした。

後半修正をかけたのは熊本。「相手の守備の仕方で、そこにスペースを与えてくれていた」と見た指揮官は、田村を一列上げて3トップに、2列目は中山を右に置きました。するとV大分もマークを絞り切れなくなる。対応されていた高瀬の左サイドも生き始め、怒涛の攻撃。

すると57分、高瀬が左サイド奥に侵入するとDFとの1対1に仕掛けて外し、クロスを上げる。そのボールがGKのジャンプする手も届かず、ファーサイドのポストに当たって直接ゴールインし先制点を挙げます。

その後、高瀬の疲れを考慮し、黒木を左SBに回し、右SBに小谷を入れる。右では守備に徹していた黒木も、左に回って高い位置取り。それと前後するように、V大分は前線に高い選手を投入して、パワープレイで押してくる。それを凌ぎながら・・・。

追加点は76分、入ったばかりの小谷でした。左CKを田辺が入れると中央で競って足元に落ちる。混戦のなか“突っついた”小谷。それまで好守を見せていた敵GKも反応できませんでした。

しかしV大分もいいチームでした。この猛暑のなか最後まで足が止まらないのは、同じ九州のチームだからでしょうか。それに熊本へのスカウティングも効いていた。

「今日、ヴェルスパさんには感謝してます」(同)と渋谷監督は言う。「今季のJ3ではパワープレイにさらされる場面が少なかっただけに、指揮官は『ベンチワークも含め、どう守るかを確認できた』と手応えを得た様子」(27日付・熊日)。

「これから、この時はこういう風にしなきゃいけないという、いろんなことが選手ともスタッフとも話ができます」(熊本蹴球通信・渋谷監督)と。リーグ戦の終盤の勝ち点計算のなかでは訪れるかもしれないシチュエーションに、図らずも実戦練習できたということでしょう。

さて、2回戦はJ1鳥栖との対戦。2011年、あの感動的な横断幕で見送って以来の対戦。もう8年も“待って”くれている(笑)。

彼我の力の差が今どの程度なのかを図るには絶好の機会になりました。ただ。あいにく7月3日(水)のミッドウィークのナイトゲーム。一番近いアウェーなのですが、迷います。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/706-9e73c5e9