FC2ブログ
6月23日(日)
【J3第13節】(ソユスタ)
秋田 1-2(前半1-2)熊本

<得点者>
[秋]山田尚幸(14分)
[熊]高瀬優孝(19分)、北村知也(22分)
<警告>
[熊]鈴木翔登(83分)、山本海人(86分)
観衆:1,326人
主審:須谷雄三


DAZNの実況アナは、秋田と熊本は初めての対戦だと言っていましたが、秋田の前身TDK・SCとは、JFL時代対戦の歴史があります。その記録は、拙ブログ、カテゴリー「対戦レポート・TDK・SC」をご参照ください。

現在のチーム名はブラウブリッツ秋田。愛媛を率いていた頃対戦経験もある間瀬監督が再び率いる。

20190623秋田

猛烈な前線からのマンツーマンディフェンスで来られると、開始から劣勢。左45度からの和田の強烈シュートを山本がなんとかクリアすると、そのCKから山田に先制のシュートを許します。

しかし、熊本は焦らず反撃の機会を待つと、19分、自陣から繋いで、中山が左サイドを走った高瀬に、長いスルーパス。秋田DFを完全に後ろ向きにさせると、GKとの1対1を見切った高瀬が、ファーサイドネットにきっちりと流し込む。

続いても22分。敵陣での佐野のディフェンスからボールがこぼれてくると北村が拾ってドリブル。エリア内でDFを2人交わして左からシュート。DFの足にも当たったのか、ループ気味になってゴールに吸い込まれます。

前半のうちに逆転した熊本。後半も、奪われてからのピンチもありましたが、ボールを保持することで秋田を焦らせて時間を凌ぎ、逃げ切って勝利。

前日に北九州が藤枝に引き分けていたことで、勝ち点で上回り、再び首位に返り咲きました。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/710-6e0ac3e7