FC2ブログ
8月10日(土)
【J3第20節】(えがおS)
熊本 1-1(前半0-1)YS横浜

<得点者>
[熊]原一樹(63分)
[Y]進昂平(44分)
観衆:4,347人
主審:大原謙哉


YSCC横浜との再戦は、またも追いついての引き分けでした。その前の時間に首位・藤枝が福島に破れていたので、勝ち点で並ぶチャンスでしたが、それもならず。逆に讃岐を破った群馬に勝ち点で並ばれ、順位は自動昇格圏外の3位に後退してしまいました。

熊本は小笠原、小谷の初CBコンビ。左SBは片山。上村とのボランチの相方に中山。原と北村の2トップで臨みます。

20190810YS横浜

序盤は横浜にボールを持たれる時間が続きますが、いつものように徐々に熊本が押し返していきます。

16分、北村からのパスに伊東が右サイドをえぐってクロスを入れると、ファーサイドから八久保のボレーは枠の左。惜しい。

しかしその後、黒木から出された右サイドへのパスに、伊東が走りこむのを止めてしまう。どうも筋肉系のアクシデント。おそらくハムストリングをやってしまったのではないか。すぐに中原と交代となります。

突然の交代でしたが、中原は違和感なく試合に入っていきます。前節と違って、今日は黒木も片山もサイドに高く上がるオーソドックスな4-4-2の攻め方。両CBが早めにそのSBにパスを通すと、横浜の前線3人は置いてけぼりにされる。横浜の前線のハイプレスを剥ぐためのスカウティングでしょう。

熊本の攻勢が続く。24分に北村のシュート、29分には八久保のボレー、30分、34分には原、35分には再び北村のシュート。しかし、いずれも枠を外すか、あるいはGKの正面。そうやって好機を決めきれずにいると・・・。

「私が相手の選手とかレフリーとファイトしすぎて、それでゲームが少し途切れて、その一瞬の時間帯で失点した」(熊本蹴球通信)と、あとで渋谷監督が悔やむように、原が削られても笛が吹かれず、その後のバックチャージではイエローが出されるなど、ちょっと主審の”基準”に関してスタジアムも騒然としていた前半も終わりに近い時間帯。

横浜のリスタート。右サイドで縦に入れると奥田がえぐってグラウンダーのクロス。それを難なく進がニアで押し込む。熊本のDFの対応は後手後手になりました。

「選手の集中力を自分が途切れさせた」(DAZNの試合後のインタビュー)と悔やむ指揮官。

それにしても横浜は、よく言えば球際が激しい。悪く言えばプレーが荒い、引っ掛ける。加えての主審の基準の曖昧さで、付き合って熊本もカードを貰ってしまう。

ただ、後半18分。左サイドでの短いパス回しから中原がエリア内に侵入しようとすると、横浜DFがこれを引っ掛け、倒してしまいます。ここは主審もすぐにPKを指差す。

これを原がきっちりと決め同点。

今度は「コネクター」()としての役割を求めて、その原をすぐに佐野と交代。

最後のカードでSBに酒井を入れる。酒井のJデビュー。これで今季の大卒新人の揃い踏み。

片山も久々の出場でしたが、スピードは健在でした。そしてあのアーリークロスも。恐るべし35歳。

疲れの見える横浜は、次々にDFを入れてくる。ベンチ入り停止処分を受けているリヒャルト監督の代わりに指揮を執る三枝コーチは、このまま引き分け狙いか。

熊本はどうしてもあと1点が欲しい。するとアディショナルタイム。横浜のゴール前。中原の右からのクロスを酒井が頭で反らすと、ファーの小笠原が押し返す。そこに再び入り直した酒井のヘディングがゴールネットを揺らす。

しかし、その前に副審が旗を揚げていました。小笠原のポジションがオフサイドでした。

劇的な勝利にはなりませんでした。これで熊本は4試合勝ちなし。冒頭書いたように3位に後退し、リーグはここからおよそ3週間の中断期間を迎えます。「非常にストレスの溜まる3週間になりますが、逆にこの期間を利用して、最後の14戦、毎週しっかり準備して勝てるようにやっていきたい」(同)と指揮官は言う。

そう。今日の伊東もそうですが、前節の高瀬も”傷んだ”のではないかと心配されます。その回復を待つには、いい中断期間になりそうですし、毎試合スタメンが変わるように、チームの中での選手間競争も激しいようだし、ミニキャンプも予定され、さらに連係を深められそうだし、なにより熊本が苦手としてきた”夏場”が少しでも間が空けば・・・。

一回少し落ち着いて、課題をきっちり整理するいい機会にもなりそうです。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/718-0a7e05c1