FC2ブログ
9月29日(日)
【J3第24節】(ピカスタ)
讃岐 2-2(前半1-1)熊本

<得点者>
[讃]森川裕基(9分)、中村亮(82分)
[熊]三島康平(5分)、原一樹(89分)
観衆:2,179人
主審:川俣秀


熱戦が続くラグビーW杯の関係(えがおスタでの試合は10月6日)でアウェー連戦となっている熊本は、敵地ピカラスタジアムで讃岐と戦いました。一時は首位を走っていた讃岐も、後期は調子を落とし13位に沈んでいる。前節も秋田に5失点して大敗していますが、熊本との因縁も深く、J3降格も同期とあって、向かってくる気持ちはあなどれません。

20190929讃岐

開始早々の5分、左サイドをえぐった片山からのクロスに、三島が飛び込んでヘディングで先制弾を上げますが、すぐあとの9分、同じように讃岐に右サイドをえぐられると、グラウンダーのクロスに讃岐・森川が滑り込み同点にされます。

その後は、自陣に引いてセットした讃岐の守備網をなかなか崩せず、カウンターに脅かされる。後半は、前からプレスを掛けてきた讃岐に手こずりますが、北村に代えて高瀬を左SHに入れると、片山と交互に左サイドを崩し起点を作る。

しかし82分、讃岐FW・中村へのマークの受け渡しが悪く、ゴール左隅に豪快に蹴りこまれ逆転されると残り時間もわずか。すぐに原を入れると、終了間際の89分、右CKを三島がヘディング、GKがこぼしたところを見逃さず原が押し込み、なんとか敗戦は免れました。

勝ち点1は奪ったものの、上位3チームはいずれも勝利したため、熊本は4位に後退。ただ、首位・群馬との勝ち点差は2。食らいついていくしかありません。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/722-c5cdb97f