FC2ブログ
10月6日(日)
【J3第25節】(生目の杜)
F東23 2-0(前半1-0)熊本

<得点者>
[F]田川亨介(15分)、ユ・インス(47分)
観衆:1,660人
主審:大原謙哉


「ふの悪か」。そんな熊本弁が浮かんでしまいました。

こちらもラグビーW杯のおかげで東京近郊のスタジアムが確保できないFC東京U23は、キャンプで縁のある宮崎県宮崎市の生目の杜陸上競技場をホーム会場としました。それは、前日のJ1鳥栖戦から移動する距離も近いという考えもあったでしょう。そして、U23のスタメンには、前日ベンチ入りはしていたものの出場機会のなかった、内田、アルトゥール・シルバ、田川の姿がありました。

20191006FC東京U23

全体的に見ても体格で見劣りする熊本。そのうえで東京の激しいプレスとテクニックに手を焼きます。特にシルバには、熊本でも体格のいい三島でさえ縦パスを入れても後ろから潰される。

長澤監督の戦術も徹底していました。15分、片山サイドを破られるとエンドラインぎりぎりからマイナスで入れられる。エンドを割ったとセルフジャッジしてしまった熊本の守備陣が一斉に手を上げましたが、ニアから田川に鋭く決められました。

切り替えて向かおうとした後半早々、今度は東京の強烈なシュートをGK山本がブロックしましたが、そのこぼれ球にユ・インスが詰める。慌てて山本が伸ばした足に引っかかって倒されたと「際どい判定」(7日付・熊日)でPK。これも、一旦は山本がブロックしましたが、ユ・インスに押し込まれて2点目を献上。

熊本は片山に代えて高瀬、三島に代えて原など攻勢を強めます。一方の東京はブロックを敷いてカウンター狙いに戦術変更。オープンな展開のなか、熊本にもチャンスがありましたが、枠の左など精度を欠き、あえなく無得点で敗戦となりました。

今節は、群馬と藤枝が引き分け、北九州が敗れるなど、2位を狙える好機でしたが、逸してしまい4位のまま。首位・群馬との勝ち点は3に開きました。

次節も5連勝中の富山が相手だけに侮れませんが、連敗は許されません。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/723-a5245c2e