FC2ブログ
11月4日(月・休)
【J3第29節】(正田スタ)
群馬 3-1(前半0-0)熊本

<得点者>
[群]後藤京介(82分)、田中稔也(90分+2)、岩田拓也(90分+5)
[熊]黒木晃平(87分)

観衆:3,977人
主審:佐藤誠和


20191104群馬

勝ち点50で並ぶ群馬戦は、いわゆる勝ち点差を直接広げる意味で”6ポイントゲーム”と言えた重要な試合でしたが結果は敗戦。昇格を目指す熊本にとっては非常に痛い結果となりました。

寒風の吹きすさぶ様子のアウェー正田スタジアム。風上に立った前半、熊本はボールを支配し試合を優位に進めます。開始4分には高瀬のアーリークロスがポストを叩いてあわやゴールかというシーンもありました。

その後も連続で得たCK。しかし、ゴールを決めきれずに前半を終えると、後半37分、群馬が左から作ってSBの光永のマイナスのグラウンダークロスに後藤の左足シュートがニアに決まって先制される。

しかし、すぐあと熊本もファールを伊東がクイックスタート。右黒木からさらに広げて中原にパスするとダイレクトでクロス。中で伊東がつぶれた敵GKのパンチングを、黒木がダイレクトボレーで押し込んで同点にします。

勢いを持った熊本でしたが逆転弾を決めきれずにいると、アディショナルタイム、群馬左サイドからの起点。光永のふわりとしたクロスにニアに田中が飛び込んでヘッドで決めて勝ち越し点。更には終了間際にも光永がエンドラインぎりぎりからマイナスに送ったパスを岩田がゴール右隅に決めてダメ押し点としました。熊本に在籍した光永が3点すべてのアシスト。

今節も北九州、藤枝が勝利したため、首位北九州とは勝ち点差が8、2位藤枝とは4、そして群馬に3と差を広げられ、非常に厳しい状況に陥りました。

次節・北九州との直接対決。もはや1試合で順位が入れ替わる状況ではなくなりましたが、1試合1試合勝利を重ねていくしかない。その先の結果を信じるしかないといえるでしょう。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/727-8585beb7