FC2ブログ
2020.05.13 活動再開。
熊本県が新型コロナウイルスの感染防止対策徹底を条件に県民総合運動公園の利用再開を決めたため、ロアッソは11日から練習を再開しました。

ただし、練習前の選手の検温を実施。クラブハウスの利用も制限。もちろんファン・サポーターの見学も引き続き禁止です。

選手たちには休止中も最低60分のランニングが日課として課せられていたそうで、この日約1か月ぶりとなった全体練習でも、大木監督は「途中で動きが止まる選手はおらず、非常に良かった」(12日付・熊日)と評価したそうです。

感染者の全国的な減少傾向を受けて、各県でも緩和措置が取られ始め、熊本だけでなく鹿児島や鳥取、秋田や福島なども活動(練習)を再開しています。

一方、リーグ全体の再開日程はいまだ見通せない状況に変わりはないのですが、11日村井チェアマンは、「日本ではまだ緊急事態宣言が延長されている。(野球やサッカーの)開催の日時を決めることはやはり難しい」(日刊スポーツ)としながらも、同時に「『7月再開をメドに準備を進めてほしい』との要望を各クラブに伝えた」()とあります。

『次のステップは21日の政府見解、22日の(新型コロナウイルス対策)連絡会議が1つのポイントになる』(同)との見解を示したそうですが、「試合会場を3ゾーンに区切って人数制限をする方法やロッカー室の密度軽減、ベンチでのマスク着用など、リーグ再開へ動きだした各国を参考に、専門家の助言を仰いで完成させていく考え。再開に向けた選手の検査態勢も、検査法を含めて協議を重ねる」(同)とありますので、まだまだ慎重な検討を進めている段階のようです。

感染者がこのままゼロになってくれるのに越したことはありませんが、特効薬とワクチンがいまだない状況下では、このウイルスとの付き合いは長引くことになるでしょう。油断するとまた再燃するというのは、諸外国でも例があるようで。まだまだ用心です。

ただ、諸状況を見ながらではありますが、Jリーグも“出口”を探すフェーズになってきているのは間違いないようですから、期待したい。

もう一方で心配なのは、クラブの財政面です。

4月の24日に定時株主総会が開かれ、19年シーズンの決算は7期連続の黒字だったことが発表されましたが、ただでさえリーグからの配分金が約9600万円も減額される今期、クラブは392万円の当期純利益を見込んでいるものの、中止が長引けば試合数削減の可能性もあり、入場料収入が減少した場合などを考えると、さらに厳しい経営が求められます。「永田社長は『とにかく会社を残すことが大事』と、あらゆる手を尽くす覚悟だ」と書かれていました(4月25日付・熊日)。

そんな中、久しぶりの全体練習で汗を流した岡本主将は「サッカーができることに幸せを感じた」「開幕したときに良いプレーを見せられるよう、コンディションを上げていきたい」(熊日・同)と語っていて、ファンとしても嬉しくなります。

予断は許しませんが、「ホームチームを応援することに幸せを感じた」。われわれも早くそう実感したいものです。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/742-78ffb612