FC2ブログ
Jリーグは5月29日、臨時実行委員会を開き、延期していたJ3リーグ開幕を6月27日にすると決定しました。中断していたJ1は7月4日から、J2も6月27日から再開。しばらくは無観客で実施し、7月10日以降に状況を見極めて段階的に観客を入れるとしています。

これに先立つ5月25日、政府が緊急事態宣言を全面解除し、プロ野球は6月19日の開幕を決定していましたが、ようやくサッカー界にもトンネルの出口が見えてきました。

およそ4か月遅れの開幕。待ちましたねぇ。そして皆がよく我慢しました。

当面は移動距離を小さくするために、近隣のクラブ同士で対戦。日程や対戦カードは6月15日に発表されるそうです。
スケジュールを消化するためには週2試合の過密日程が避けられないでしょう。リーグはそれに対応するために、選手交代枠の拡大も検討中とか。なるほど。

それに対してロアッソは、「今季、経費節減のためアウェー戦の帯同人数を減らすことも考えていたが、織田GMは『(2位以内に入り)J2昇格を達成することが最優先。帯同メンバーを増やすことになるだろう』と見直す考え」(5月30日付・熊日)だそうです。

延期で幸いだったこともなくはありません。キャンプ中に故障した選手が、治して戻ってこれたこと。新監督の新たな戦術を、より全員に、より浸透させる時間ができたこと。等々・・・。

ちょっと驚いたのは、Jリーグ全選手に対して2週間に1度のペースでPCR検査を実施していく。その体制の見通しが立っているという発表です。“出口戦略”のなかで、しっかりとリーグとしての“警戒”も、プロスポーツとして一般社会よりさらに高いレベルで敷いている。そういうことに、しっかりコストを掛ける。村井満チェアマンの気の配り様だと思いました。

この未曾有の厄災のなかで、村井チェアマンの対応の素早さ、賢明さを、われわれは高く評価しています。わがリーグのリーダーが、この人で良かったと。

そしてチェアマンといえば、このコロナ禍でまだ出口が見えていない5月15日、Jリーグ発足27周年にあたり語った言葉が胸に刺さりました。

「手を使わずにプレーするサッカーはミスがつきもの。味方のゴールに蹴り込んでしまうことさえある。誰も望まず、予想もしない困難に直面しても、選手は折れた心を立て直してプレーする。コロナ禍に見舞われた現在の状況と同じだ」(5月15日付・熊日)。

「試合が遠ざかり、もうスタジアムに戻らない方もいるのでは、という強烈な恐怖心がある。サッカーより生活を優先しなければならない方もいるだろう。そんな状況で足を運んでくれる一人一人を、Jリーグは忘れない。恩返しのために全力のプレーを約束する。これは再開前に全選手に伝えたい。その日まで、私は全力を尽くす」(同)。

開幕日は決まったものの、予断は許しません。現に北海道を始め、北九州など第2派と思われる感染者数の動きがある。

このまま予定通り開幕を迎え、そして無観客ではあるけれども、DAZNで、しっかりとわがチームの躍動する姿が見たい。サッカーが見たい。

心配しながら。それでもワクワク。待ち遠しい時間です。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/743-6c0a33a0