いろいろな情報がいっぺんに発表されたので、分散して書いているわけですが・・・。

24日にはリーグ日程も発表されました。
記念すべきJの初戦は3月8日、アウェーで愛媛FCと決まりました。JFL昇格時の因縁深い愛媛。アルエット時代はどちらかというと相性のいい印象があった青いユニフォームも、現在はオレンジ軍団となって、全く違ったサッカーをしてくることは間違いないでしょうね。昨期の順位は10位ですが、最終節で湘南を下した勢いで天皇杯では浦和を退けるなどあなどれない力を持つチーム。まずは胸を借りる気持ちで臨みたいものです。
次の土曜日15日が、いよいよホーム開幕戦。昨年11位の草津を迎えます。スタジアムが真っ赤に染まるほど集まるといいなぁ・・・。
第3節はお休み。そして第4節もホームで強敵湘南と戦います。

思うに、この立ち上がりの3戦。初戦がアウェーで次にホーム2連戦。誤解を恐れずに言えば、わりと”地味な”印象のチームに当たったわけですが、これもJリーグ基準の試合運営が全く初めての熊本に対して、配慮が働いているのかも知れない。いきなりアウェーサポが大挙して訪れそうなカードを運営するのは酷だと・・・。まだまだ手弁当的要素の高いわが熊本の試合運営。少しづつプロフェッショナルなものしていかなければなりませんね。

さぁ、そうやって毎週、毎週、ときには週半ばの平日開催も含めながら、日本一過酷な日程といわれるJ2のリーグ日程を過ごしていくことになるわけですね。ワクワクしてきます。

特に待ち遠しかった九州同士の初対決は3月30日アウェーでの鳥栖戦と決まりました。JRで行くか、車で行くか。一番近いアウェーです。大挙して乗り込みましょう。5月の連休の最終日の博多の森(レベルファイブスタ)とともに、この三つ巴の戦いを是非向こうさんからも楽しみにしてもらえる”名物”にしていきたいものです。
残念なのは、せっかくホームで迎え撃つ6月8日の福岡戦が、水前寺しかとれなかったこと。古いし狭いし、恐ろしいことになりそうです。鳥栖戦は6月21日(土)にKKで。

また、8月3日の徳島戦にいたっては、鹿児島の鴨池陸上競技場で開催。日曜とはいえ18時キックオフで隣県開催とは辛いですねぇ。いずれもKKでの他競技の開催や、芝の養生といった理由があるのでしょうが非情に残念。KKでホームをやってる大分さんの気持ちが少しだけわかるような気がします。

3回戦総当たりで心配されていた第3クールの運営。巷では中立地での開催とも噂されましたが、結局リーグ側が裁定することで決着。
その結果、これも残念ですが福岡戦、鳥栖戦ともに第3戦はアウェーになってしまいました。敵側の来場者数が稼げそうなのはわれわれにとっての最終節、11月30日の第44節、広島戦ぐらいか・・・。しかしこの試合、目の前で胴上げをさせてはならない重要な試合になるかも知れません。

そうそう、クラブ側が発表した「日本一グルメなスタジアム」というコンセプトもいいですねぇ。これならクラブ側には大してお金がかからない、しごくいいアイデアです。確かに知り合いの子供さんは、毎試合KKでフランクフルトを食べることが大の楽しみのようでした。そんなどこにでもあるようなものに限らず、もっともっと熊本スタ名物となるようなものを開発していってもらいたい。
確かKKは、火が使えない規制があると思いますが、業者さんには知恵の出しようで頑張ってほしい。
これまでもっぱらわれわれはスタジアムでものを食べないくちでしたが、このコンセプトに賛同して、毎回お財布の紐をおもいっきり緩めたい。プロスポーツ観戦文化に浸って、ホームチームのカラーを身にまとい、スタグルメを食べながら大いに応援を満喫したいと思います。

それから、敵側の来場という意味では、これからはスタジアムに止まらず街中でアウェーユニのサポを見かけることも珍しくないようになるでしょう。きっと熊本の来訪記念にお土産も買うだろうし、グルメも楽しみます。お土産にはもちろん「武者がえし」と「白岳」を強力に薦めることにして、街中グルメに関しては、ファンそれぞれの立場で、それぞれの”とっておき”情報を惜しみなく積極的に伝えることを意識していきたいですね。
TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/77-16123fa8