FC2ブログ
4月11日(日)
【J3第5節】(とうスタ)
福島 1-2(前半1-0)熊本

<得点者>
[福]イスマイラ(28分)
[熊]上村周平(71分)、岩下航(90分+1)

観衆:703人
主審:花川雄一


試合終了間際のルーキー岩下のJ初ゴールで勝ち越し。熊本が逆転勝利を収めました。久しぶりにスッキリした。

敵地・とうほう・みんなのスタジアムには、これまで2試合ともあまりのピッチ状態の悪さに泣かされてきましたが、晴天の今日は芝の状態も良好。緑が濃い。

熊本のCBには今日も菅田が入る。前節の記事で、相手をスカウティングしての起用か、などと書いてしまいましたが、翌日クラブから小笠原の怪我が発表されましたね。逆に高橋が怪我から復帰して今季初スタメン。前線の左に入りました。伊東もベンチに復帰。

20120411福島

「今週は4枚の左サイドバックという形をやっていて、それでうまくボールが回ったことが収穫だった」(熊本蹴球通信)と岩下が言うように、どちらかというと右サイドの黒木を高く上げて、岩下サイドからは、シンプルに高橋にDFの背後を狙わせるロングパスを送る。「DFラインから運ぶところ、そこに力を使いすぎたというか、もっとシンプルにできないか」「もう少し長いボールを使ってもいい」()という、前節の大木監督の反省点が反映されていたようです。

ただ、先制点は福島。前半28分、菅田のバックパスを処理しようとしていたGK佐藤にイスマイラがプレスをかけ、その長い脚でボールをかすめ取る。すかさずゴールに流し込まれます。やってしまった。

すぐ後、福島ゴールのPアーク手前付近でFKのチャンス。杉山の左足が弧を描くキックを放ちますが、ポストに嫌われてしまう。

直後、今度はトラブル。右サイド奥から鋭角な方向に折り返した岡本が、もんどり打って倒れ、起き上がれない。どうやらハムストリングを”やって”しまったようだ。急遽、伊東と交代。今日の試合では、うまく相手ボランチの背後に入り込んでボールを受けていただけに残念。

しかし後半に入っても、なかなかゴールが奪えない。杉山が再三クロスを送りますが、高橋や浅川に合わない。62分、熊本は浅川に代えて樋口を投入。左FWに置き、高橋をトップにします。

ようやく同点にしたのは71分、相手のミスからでした。福島自陣からのリスタートが、味方の背中に当たって跳ね返る。拾ったのは上村。杉山が右に流れてDFをつり出すとスペースが開く。上村が迷いなくミドルシュートを放つと、福島ゴールを今季から守る山本海人が横っ飛びで伸ばした手の前でうまくバウンドして、ゴール左隅に突き刺さりました。

残り時間も少なくなって、福島は3枚替えで攻勢をかけてくる。80分頃、左CKをファーで合わせられますが、ここは佐藤が汚名挽回とばかり横っ飛びでクリア。

このままドローかと思われたのですが、ちょうどアディショナルタイムに入る時間帯。敵陣に入ってすぐの位置で得たFK。キーパーを残して全員が上がる。河原の右足から放たれたボールをエリア内高橋が落とすと、杉山がシュート。リフレクションして菅田の顔かどこかに当たったようでしたが、岩下の足元にこぼれると、落ち着いて押し込みました。

ガックリとこうべを垂れる福島イレブンの横で、歓喜の熊本選手たち。最後まで諦めない気持ちが実った逆転劇。

試合前7位だった順位を4位に上げた熊本。首位岩手との勝ち点差は3。ただ、好調岐阜がコロナ感染者発生で、この2節試合が出来ていないので非常に暫定的な順位ではあります。

TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/787-f804247f