ご多分に漏れず、サカダイとサカマガの選手名鑑、両方買いました。これもJリーグに上がったればこそ。昇格記念品です。
サカダイの方が、読み物や順位予想など情報量が少し多く、サカマガの方がデザインがいい。というおおざっぱな印象です。

どうでもいいネタですが、プーマのユニは以前から、J1では清水、磐田、大分が使用していますが、J2では熊本のみのようです。ファーストユニは、同じモデルの色違い、のように見えましたが、プーママークの位置などが微妙に違いますね。熊本だけ襟口が白なのは、オリジナル・デザインのままだということなのか。セカンドユニは、全チーム襟付きの白モデルになりました。
関係者によると、サッカーのアウェーユニって、”襟付き”が正式なんだそうです。初めて知りました。

もうすぐ発売されるであろう右腕にJロゴが輝く初代レプリカユニも欲しいし、シーズンチケットは買わなくてはいけないし、J元年とはいえ何かと物入りです。
以前、新潟の人から「アルビレックス貧乏」という言葉があることを聞かされましたが、わかるような気がしてきました。まぁこれも愛すべきホームチームがあればこその生活ですね。

さて、この間サテライトリーグの概要が発表。ロアッソも広島、愛媛、鳥栖、大分が入ったFグループに参戦です。
横浜FC、岐阜、福岡の3チームが参戦見送り。いずれも昨季と大幅にメンバーが入れ替わったチーム。レギュラークラスすらまだ見えないという台所事情がそうさせたのかも知れません。また、横浜はともかく、岐阜と福岡は比較的平均年齢が高いせいもあるのかも。(原則的にサテライトは23歳以下で戦われます。)
チーム内での競争を叫ぶ池谷監督は、以前から控えの選手に練習試合の場を踏ませることを重要視していました。その意味では、金も掛かるのでしょうが、下手に下のカテゴリーのチームと試合を重ねるより、J1チームも入ったこのサテライトリーグで実戦を積むことが、控えの底上げを図る格好のシステムと言えるのでしょう。
現在、ロアッソの登録選手は32人。通常、故障者が4~5人いるにしても、リーグ戦でベンチを温めた控え5人を入れて16人は確保できる勘定になるのではないでしょうか。

実際、年間8試合しかないし、月曜日の開催が多かったりするのですが、われわれファンにとっても、”ロッソ”サッカーに接する機会が増えるし、チームにとってもいいチャレンジに違いありません。一年中、うれしい”忙しさ”になりそうです。

チームは、監督が「ここまでがキャンプのつもり」と言った鳥栖とのTMを終え、今日は初の海外遠征試合「金海市庁」戦のために渡韓。0-2で敗れたようですが、ほとんど親善試合の意味あいが強いのでしょうから、なにぶん怪我だけはしないで、おいしい焼き肉でも腹一杯ご馳走になって帰ってきてほしいものです。

来週は、開幕前の総仕上げ、札幌とのPSM。長丁場のTMも尻上がりに調子が上がっているようですから、この一戦も楽しみです。
いよいよ開幕まで残りわずかとなってきました。
TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/83-b58a9f7c