3月8日(土) 2008 J2リーグ戦 第1節
愛媛 2 - 1 熊本 (14:04/ニンスタ/5,122人)
得点者:54' 田中俊也(愛媛)、63' 青野大介(愛媛)、80' 高橋泰(熊本)

月並みな表現ですが、待ちに待ったJリーグ開幕戦。しかし残念ながら我々はスカパー観戦となりました。仕事をしながらも12時頃からなにかソワソワ、ドキドキ・・・。この緊張感は、確実にJFLとは違っていました。「負けたら終わり」という神経戦から解き放たれたものの、「どこまでやれるのか」という不安と期待。いや、いいんです。今期はあくまでチャレンジャーなのですから・・・。

熊本の歴史に残るJ初戦のスタメンは下のとおり。車を左サイドハーフ、小森田を前目に置くボックス型の中盤は、数々のTMで試した結果得られた、現在ベストのフォーメーション。そして、積極的な守備から攻撃に移るのが今期ロアッソの目指すサッカー。
先発
18 中山11 高橋
 33 小森田 
24 車25 西森
 6 福王 
23 有村15 市村
19 上村16 矢野
 1 吉田 
その狙いどおり、開始早々からロアッソが主導権を握りました。左の車、右の西森が非常にアグレッシブに動きまわる。高橋が奪い、小森田がワンタッチで裏に出したボールを中山がシュートするも、わずかにゴール右に逸れる。しかし、今年のサッカーの片鱗がここに見える。これまでバランス重視のポゼッション・サッカーから脱却して、どんどん前線に人が入っていく。愛媛の守備陣がバタバタしてきます。

ときおりの愛媛の攻撃は、最終ラインでうまくカット。昔栃木SCで気を吐いて、大宮に「ひとり昇格」を果たしたFW若林も、「うまくいかない」といった表情。

しかし、この主導権を握った時間帯に決めきれずスコアレスで前半終了。後半愛媛がどう立て直してくるのか、先制されればその後、立て続けに崩されるのではないかと不安がよぎるハーフタイム。

後半は、ボランチのキムテヨンが執拗に小森田をマークし始めました。また、左サイドでのワンタッチの玉回しから江後が走りこむ。これによってワンボランチの福王の負担も増し、小森田のポジションが押し下げられていく。守備陣からはクリアに近いロングボールばかりで、攻撃陣も孤立。54分に失点すると、63分にも追加点を上げられ嫌なムード。失点の場面は。いずれもやや集中を欠いたような“ミス”に近いプレーから。これを許してくれないところはやはりJ2。厳しいなぁ・・・と。

しかししかし。80分、ルーキーで開幕戦先発を果たしたGK吉田の狙いすましたロングキックに、敵DFが合わせられず、裏をとった高橋が落下点でダイレクトに左足を振り抜く。敵GKは触れず、ゴール右角に突き刺さります。
熊本の記念すべきJ初ゴールは、やはりこの男が決めてくれました。

試合後、愛媛の望月監督をして「ゲームプランどおりだった」と言わしめましたが、これは全くの結果論ではなかったかと。前半は確かにロアッソの攻撃をよくしのぎましたが、終了間際のあの中山のヘッドには彼自身、肝を冷やしたのではないか。最後の連続CKのシーンしかり・・・。
愛媛としても、新参の熊本に勝ち点を与えているようでは、シーズンの見通しが立たない。大事な開幕戦において結果がともなったからの発言なのでしょう。

ただ、確かにうちが決めきれなかったのも紛れもない事実。1点差に迫ったものの、次に同点にする力、たたみかけて逆転する力がJ2には必要。90分という時間のなかの密度が濃いのが、上のカテゴリー。試合の流れの変化の早さ、それを引き寄せる力。これに慣れなければいけないです。

何はともあれ、監督の言う「やれるところ」と「やれないところ」がはっきり出た初戦。先日のPSM札幌戦と比較すると、得点、失点のタイミング、そして運。気温の高さも選手のコンディションに微妙に影響していますが・・・。
でもいいじゃないですか。自分たちはこうやろう、ということがはっきりしているというのは。
見ているぶんには色んな意見があろうかと思いますが、結果だけを求めず、正真正銘のJFLバージョンの進化型で臨んでいるロアッソの今シーズン。こちらもじっくり構えて観ていこうという気にさせるゲームでした。

そんななかで、高橋の一矢報いる鮮やかなゴールのすがすがしさ。「スーパーサッカー」でも「新規参入!ロアッソ熊本」の名とともに、そのゴールシーンが紹介されたし。
そしてなにより、アウェーのスタジアムでテレビに映る熊本サポーターのレプリカユニの”赤”が、とても新鮮で、とても美しい色に感じました。(皆さんお疲れさまでした。)

さぁ、来週はホーム開幕戦。いよいよ、Jリーグチームとしてのロアッソのホーム開幕戦です。初戦がアウェーだったので、なんだか2度楽しめる気分です。一生に一度の、初めてのJホーム開幕戦。
ちょっとお祭り気分になるのも仕方ないですよね。

  追記:
  「拍手」の追加コメントで「相互リンクの可否」を尋ねられていますが
  直接ご返事できないので、ここで。
  この「サカくま2.0」は、基本的に”好意的な”リンクであればリンクフリー
  です。ただ、ご覧のように、こちら側はリンク集を作らない方針でおりま
  すので、”相互”はご了承のうえ、ご勘弁ください。
  では、来週スタジアムで・・・。
TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/86-e0c28d2c