3月15日(土) 2008 J2リーグ戦 第2節
熊本 2 - 1 草津 (15:03/熊本/5,960人)
得点者:63' 喜多靖(草津)、78' 高橋泰(熊本)、79' 高橋泰(熊本)


いやぁ、今日は細かいことをとやかく言う気持ちが起こりません。ドラマのような逆転勝利。ホーム開幕戦で、ロアッソは草津相手に初勝利を飾りました。

ホームの初陣に向かうチームと熊本のサッカーファンの全ての気持ちを集めたように、KKウィングの白い大屋根の向こうには早春の爽やかな青空が広がりました。熊本が歴史として刻むべき日、2008年3月15日(土)が遂に訪れました。

Jリーグ創設より遅れること15年。新潟や大分と肩を並べたこともあるブレイズ熊本の挫折、アルエット熊本のJFL昇格と降格。そしてロッソ熊本の九州リーグからの挑戦4年目にして手に入れたJの切符。

そう、手が届かないと思われた、果てしなく遠くにあったその”権利”を手中にし、紛れもなく「Jリーグが熊本にやってきた日」。そして同時にJ初勝利を飾る日をわれわれはこの目で”目撃”する幸運にめぐりあうことができました。

1400人以上が出資したビッグユニフォームがゆっくりとスタジアムを移動していく。草津からやってきた数十人のアウェーサポの地声のチャントが、こちらのアドレナリンを否が応でも高めてくれる。開幕に集った5960人のファンの目前で、キックオフのためにフィールドに散った”ロッソ”イレブンは、NHK山本アナ風に言えば、まさしく「『彼ら』ではなく、われわれそのもの」でありました。バックスタンドにはロアッソ初の外国人選手のために、小さな大極旗もひるがえっていました。

草津はアウェーといえどJFL昇格チーム相手に連敗は許されない。一方、熊本もなんとか初白星がほしい。しかし、”ロッソ”イレブンに堅さは全く感じられませんでした。緊張していたのは、返ってわれわれの方だったのかも知れない。前節と全く同じスタメン。少しだけ小森田が控えめのポジションか。

島田に注意、島田に注意。しかし、その島田は左サイドに逃げているのか、なかなか起点になれない。わがロアッソは今日も出足が早く、良い読みからパスカットしてショートカウンターでチャンスを作っていく。DFラインからも有効なサイドチェンジで、攻撃が出来ている。ときおり入るロングパスに対しても、矢野と上村が空中戦を制して跳ね返す。

お互いが主導権を奪い合おうと意図した前半戦。高橋、中山のツートップはほぼ前線を制圧し、決定的なチャンスが何度も訪れましたが、草津GK北があたっていて、サイドバーまで味方にして、あぁ、今日も決定機を決めきれないという、前節の嫌なイメージを抱いて終わった前半でした。

以前書いたように、90分という時間のなかで試合運びを何度も修正し、流れを変えることができるのが、このカテゴリーのチームたち。特にハーフタイムというのは、その絶好のチャンス。草津も後半開始早々の5分、相当に押し込んできました。
一方、熊本はまた入り方が悪かった。なんとか流れを押し返したように見えたものの、再三の島田からのリスタート、変化のあるCKのボールに、人数は揃っていたものの集中力を欠いたのか、後半18分、抜けたボールに合わせられ先制点を奪われてしまう。DFリーダーの上村が怒り、高橋のいらつきが伝わってくるようでした。

しかし、ここからが前節とは違った。それは、先制した草津の方にアウェーという少し「慢心」にも似た感覚が芽生えたのかも知れない。あるいは熊本に、ホームサポーターが力を与え、「下を向かせなかった」のかも知れない。何より監督が気持ちを前面に押し出した。

失点した7分後の後半25分、市村、西森に代えて喜名、山内の二枚を同時に投入し、3-4-3に変更した大胆なベンチワークが、「この試合は何としても取りにいこう」という意志をイレブンに伝えました。

これが功を奏して、中盤が落ち着きを取り戻した熊本は、そのわずか8分後、福王からのフィードに高橋がワントラップから華麗な同点ゴールを決めると、その1分後には、右に回った車からのクロスに高橋が無理な体勢から頭で合わせてゴール右角へ。一気に逆転としました。

この瞬間、スタンドは総立ち。私の前の席に座っていた老夫婦も、ゴール裏で声援を送っていたチアーの子供たちも、そして私も。飛び上がり、熱狂乱舞、欣喜雀躍、手の舞、足の踏むところを知らず・・・でしたね。

いや、もうこんな陳腐な文章では表現しきれません。高橋!高橋!われわれはこの素晴らしいエースストライカーがいることを誇りに思う。Jリーグに連れてきてくれてありがとう。初勝利をありがとう。

ロスタイムを含めて最後の10分間。草津の意地をかけた怒涛の攻勢。6000人の観衆からの絶えることのない拍手と大歓声がスタジアムに溢れ、選手を鼓舞し勇気づける。GK吉田の体を張った1対1の渾身のセーブ。何としても勝ちたいというこのスタジアムと一体となった気持ちが乗り移ったボールキープ。最後は絶対にボールを離すものかというこの若武者の鬼気迫るプレーが勝利のホイッスルを促しました。

課題? 確かにありました。でもチームは先週の課題をしっかり修正して今日の勝利をもぎ取ったのです。今日は結果よければ全て良し。もう今週は何も言うことはありません。
TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/88-beecc404