3月30日(日) 2008 J2リーグ戦 第5節
鳥栖 1 - 1 熊本 (13:03/ベアスタ/6,201人)
得点者:24' 金信泳(鳥栖)、60' 高橋泰(熊本)


「因縁」。①物事の持っている定まった運命。②理由。由来。③ゆかり。関係。

ダービーと呼ばれるには、「因縁」が必要だと言われます。新・九州ダービーと銘打った鳥栖と熊本との初めての公式戦。これまでそんなものはさほど見あたらない。けど、新しい歴史を刻む一戦を見届けるために、鳥栖に旅立ちました。

春の嵐を思わせる横殴りの雨。屋根のないゴール裏では、もうすでに両チームサポーターがずぶ濡れのコール合戦でヒートアップ。さすが一番近いアウェーとあって、熊本からも大勢の”ロッソ”ファンが集結。
「よろしくサガン鳥栖!熊本です!これから頑張っていいライバルになります!」と叫んでいるよう。鳥栖スタ特有のスクラッチ感のあるBGMがコンパクトな会場にこだまして、否が応でも興奮してきます。

両チームとも目指すコンセプトは「積極的守備からの攻撃」。ところが、開幕前のTMで熊本に敗れた鳥栖は、大いに修正点が見つかったようで、これが結果的に開幕からの堅守、無失点に繋がったのか。

一方、わが熊本は、市村、有村の両SBをスタメンから外し、右から矢野、河端、上村、福王という、まるでオールCBの4バック。これも、TMでの対戦経験からサイドをケアして、守備的に入っていこうという、これまでの修正と対戦相手への対策がうかがえました。

しかし前半立ち上がりから熊本は全くいいところがない。鳥栖のプレスが早いのは覚悟していたものの、ここまでボールが繋がらないのか・・・。新布陣ゆえの連携の未熟さなのか。奪ったところで、意図のないパスは、単なるクリアのようで相手の懐にしか収まらない。
24分、最終ラインからのロングボール。上村が見送ったところに走り込んだのはキム・シンヨン。河端が対応しましたが、うまく身体を入れられてGK吉田の頭を越えるシュートで鳥栖が先制。
このあたりの時間帯は「う~ん。ここまで力の差があるか・・・」と思わせましたが。

後半に入って車に代わって西森投入。噛み合っていなかったのは関だったので、何故?と思ったのですが、後で車にアクシデントがあったと知りました。先の湘南戦では、少し消極性が見えた西森でしたが、今日は本来の”汗かき”な動き。もちろん、まだまだ無駄がありますが、なんか起点になってきます。それと同時にボランチ喜名にもボールが収まるようになり、次第に熊本がポゼッションを奪っていく。
パスミスを連発し、リズムを失っていく鳥栖。まるで前後半逆になったような展開のなか、後半15分、スローインの折り返し、福王からのクロスにファーサイドで待っていたのは、やっぱりこの男、高橋。鼻骨骨折のフェースガードをものともせず、ヘッドでゴールに押し込みました。

沸き上がる熊本サポーター。敵地で、ほら、こんな隣にも熊本ファンが拳を上げている。

その後は五分五分。お互いがお互いのチャンスを決めきれず、タイムアップ。鳥栖と熊本との初のダービーは引き分けに終わりました。

風もありました。雨の影響もありました。それ以上に力の差は歴然としていたように見えました。
しかし、後半”修正”したのはこちらであり、開幕から無失点の鳥栖のゴールをエース高橋がこじ開けて、追いついての価値あるドロー。勝負としての結果は”引き分け”だったのです。
どうでしょう、今日の布陣といい、ドローはゲームプラン通りではなかったかと。これまでの3試合とはまた違った試合の流れ。選手の経験値もそれぞれ上がったことでしょう。一試合一試合の文脈が実に深いなあと感じるのです。
ゴール裏に揃った白いユニフォームの”ロッソ”イレブンに、惜しむことなく拍手が贈られました。

鳥栖スタ名物「イブスキ」のホットドックの列に並んでいるとき、古くからのネット同胞と一緒になりました。「ようやく鳥栖スタで、”熊本”と叫ぶ日が来ましたね。」と握手。そのほかにも、昔なじみの笑顔の数々・・・。
電車で一時間ちょっとの”隣町”から帰った夕暮れ、自宅で勝ち点1を肴にビールをグーッとやりながら、これが”われわれのダービー”の始まりなのだと思いました。
TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/92-1d8978e5