4月13日(日) 2008 J2リーグ戦 第7節
水戸 2 - 2 熊本 (13:05/笠松/1,464人)
得点者:2' 荒田智之(水戸)、12' 河端和哉(熊本)、31' 中山悟志(熊本)、58' 西野晃平(水戸)

スカパー、テレビでの観戦は、あまりにも得られる情報量が少ないので、多くを語るのは難しいのですが・・・。

開始早々の失点は、やはり右サイドをいいように使われてという感じだったので、今日も守備の連携に不安があるなと心配して観ていました。が、失点以降はペースを取り戻し、12分にはショート・コーナーから矢野のヘディング、そのこぼれ玉を河端が身体ごと押し込んで同点にすると、31分には、福王がSB裏に出した縦パスに、高橋がDFを引きつけてファーサイドにクロス。中山がこれにドンぴしゃと合わせて、前半の間に逆転劇。これまでにない展開でした。

しかし、水戸の木山監督の修正はすばやく、このあとすぐに、村松に代えて金澤を入れるとともに、今日CBを努めていたビジュを本来のボランチに上げました。これによって中盤が支配できるようになった水戸。金澤にも何度もサイドをえぐられる。
後半に入って更にプレスを強くしてきた相手に対し、熊本は自らのミスも重なり、つなげない。ビジュが裏に出したパスにCB2枚が着いていけず、ボールはスリップしたGK吉田の頭を越えてゴールに吸い込まれました。その後は水戸の運動量について行けず、振り回された感じで勝ち越し点は奪えませんでした。

前節、山形にはフィジカルの差が次第に体力を奪ったと書きましたが、今日の水戸は池谷監督言うとおり「J2で長い期間いる中で戦い方やタフさはウチとは違いました」。
“ミトナチオ”と呼ばれたリトリート戦法の姿は、もはやどこにもなく、アグレッシブに中盤でカットしたボールに対して、次々に後ろの選手が追い越してくる。まさしく“波状攻撃”という表現のごとく。本来うちがやろうとしているサッカーのお手本を見せられたような後半でした。
しかし、熊本も最後までDFラインを勇気を持って高く保ち続けた。そのチャレンジには拍手を送りたいと思います。

GKの吉田は、危なっかしいことも多い反面、今日も失点を防ぐナイスセーブがありました。
恐らく総体的な安定感は小林のほうが優ることは間違いないのでしょうが、監督は辛抱して、このルーキーGKに経験を踏ませています。それは多分、「経験値」というGKの能力を最も左右する資質を高めるために、彼とそしてチームに試練を与えているのだと思う。

なにかと議論になっているCBタイプの選手のSB起用ですが、われわれは面白いと感じています。福王には持ち前のフィードの正確性があるし、矢野の攻撃参加もセンスがある。(あとは西森との守備の関係が落ち着けば・・・)。
「サイドをやって新たな部分を見出していきたい。そういうオプションを広げて行くこと。あとは今後彼は熊本出身で中心になってもらいたい」と、矢野について期待を込めて監督が語っています。
また、「22、23歳の若い選手の可能性を広げて行くということで、ポジションを含めてチャレンジさせて行きたい」という表現は、同じく福王や他の選手にも向けられているに違いありません。

先週、七城の練習を観に行った時点では、ボランチは山本が先発と思ったのですが、最終的に監督は経験の差で喜名を選択したようです。しかし、途中投入の山本は、古巣相手にきっちりと自分の仕事をこなすことが出来たと思います。

後半追いつかれ、それを突き放す力は、残念ながら今の熊本にはなかった。
しかし、早い失点から前半途中における”修正”、後半怒濤のような被シュートのなかでの踏ん張り。それはチームが一丸とならなければできないことでした。

「すぐにうまくいくこともあるかもしれませんが、そういうことではなくて、1年かけてやっていきたい」
”選手個人”と”チーム全体”とに経験値を上げさせるための、我慢比べのような試合が続いています。
TrackBackURL
→http://sckumamoto.blog79.fc2.com/tb.php/96-bea28287