6月21日
第97回天皇杯全日本サッカー選手権【2回戦】
水戸 1-2(延長)熊本 [Ksスタ]
[水]伊藤槙人(10分)
[熊]上里一将(72分)、菅沼実(118分)


水戸には行けていません。twitterのタイムライン上で試合展開を追いかけ、あとは熊日を読んだだけなので多くは語れませんが、とても大切な勝利だったので感想を短く書き留めておきます。

リーグ残留を目下の目標に掲げて指揮官が交代した熊本にとって、天皇杯というカップ戦の位置づけは複雑なものでした。ファンのなかにも「カップ戦はそこそこに。体力を温存してリーグ戦に注力すべき」という意見もありました。ただ、前節、池谷新体制の初戦を落とした熊本。次節を迎える前にミッドウィークとはいえ、リーグ戦とは違ったカップ戦という公式戦を戦えることは”いい巡り合わせ”だな、とわれわれは思いました。

案の定、池谷監督はターンオーバーよろしくこの試合、これまで試合出場の少なかった(なかった)選手を中心にスタメンを組んだ。そして、もうひとつは、前節緊急避難的に途中から敷いた3バックを、試合当初から試した。いわば、選手のテストと、フォーメーションの本格的なテストを、J2という同カテゴリー(しかも好調の水戸)相手に実戦で試せたというのは、それだけでも貴重なゲームと言えました。

さらに、勝利という結果で終えて。

早々と失点して心配されましたが、「その後から内容が好転した」(熊日)といいます。三鬼が得たPKを上里が決めて同点としますが、90分では決着がつかず。しかし、必ず決着をつけるという天皇杯のレギュレーション。同点で終わってモヤモヤするより、延長戦の結果、菅沼の決勝弾で勝利に終わったという決着も、大いに自信を取り戻すことに繋がったと思います。

GK畑、DFイム、村上、米原、MF黒木、上村、上里、三鬼、FW中山、菅沼、巻という3-4-2-1という布陣は、相手とのミスマッチを生むだけでなく「自分たちで長くボールを保持し、守備に追われる時間が少なかったことが終盤まで走れた要因」(熊日)と上村。

「ゴールを取るためには、あと一工夫が必要」と、池谷監督は課題を明確に認識する。「自分自身のプレーはまだまだ良くなる」というのは決勝弾を決めた菅沼の台詞。出場が待望されていたベテランの確信めいた受け答えが、”決意”にも聞こえて頼もしい。

さぁ、この日の選手起用、フォーメーションテストが、次の日曜日のリーグ戦にどのように効果や影響を与えるのでしょうか。実に楽しみです。

6月17日(土)
【J2第19節】(鳴門大塚)
徳島 3-0(前半2-0)熊本
<得点者>
[徳]馬渡和彰(8分)、山崎凌吾(18分)、渡大生(90分+1)
<警告>
[徳]大崎玲央(69分)
[熊]安柄俊(78分)
観衆:3,873人
主審:西山貴生


20170617徳島

「まだまだ課題が多い」(DAZN)「今日は徳島の圧力に圧倒されたゲームだった」(公式)。監督就任初戦、3失点の大敗という結果を受けて池谷監督は、そうインタビューに答えました。

「組織としてどう守るのかが課題」(DAZN)と指揮官は言う。確かに徳島のハイプレスの前に剥がされて、シュートに耐え切れず失点というパターンは、DFラインの前の部分でMFの守備に問題があり、さらにいえば前線からの守備にも問題があるのではあるが・・・。それにしても最後のところ、GKとDFの連携の部分に目が行ってしまわざるを得ません。

1点目も2点目も、GK野村のパンチングが相手へのプレゼントパスのように転がる。澤村GKコーチは試合後twitterにこうつぶやきました。「弾いた球が仲間に行くか 相手に行くか サッカーはこのどちらかなんだ この差が今季の結果に反映している 」。要はGKの弾く方向とDFとの連携ということなのでしょうが、しかし、徳島GK長谷川のプレーを引くまでもなく、もう少し”弾かない”というプレー選択はないのかとも思います。

失点の場面で選手個々のミスにフォーカスするのはよくないのですが、その前のことを言うと、1点目は徳島のDFラインから押し込まれたハイボールの園田の処理が中途半端で、それを植田がさらにクリアミスして奪われた。2失点目は、中盤で上村が奪われ、そこから持ち込まれて撃たれた。正面にこぼすようにパンチングし、相手に押し込まれた野村が怒っているのは、自身のプレーのふがいなさに対するものなのか、それともカバーしきれないCBへの怒りなのか。

いずれも徳島のプレスが上回ってのこととはいえ、その後も園田や植田が相手に交わされゴールを脅かされるシーンが頻出。それに野村の不安定さが合間って、見ているこちらも不安になる。

何が言いたいかというと、この3人の連携という信頼関係が機能しているのかという心配です。

佐藤の怪我によって、4月29日の横浜FC戦から急遽スタメンとなった野村。あの急造守備ラインを見て、われわれは「野村と畑。ふたりのGKで、もう一度守備ラインを構築しなおすしかない。」と書きました。あれから1ヵ月半。全く安定しない守備は、清川監督解任の”遠因”とも言えましょう。

なかなか勝ちきる試合の少ない徳島も、決して本調子のチーム状態ではなかった。熊本の縦に速いカウンターを警戒しながらも、しかし、このゲームでは3バックで前に人数を掛け、ある意味リスクをしょって仕掛けてきたリカルド・ロドリゲス監督。その術中にはまってしまった熊本。「相手のシステムとこちらのシステムのなかでマッチングできていなかったなかで混乱がおきて、早い時間に失点をしてしまった」(公式・池谷監督)。

後半からは米原を公式戦デビューさせ、3バックに変更。随分ボールが動かせるようになったものの反撃までには至らず。試合終了間際には3点目を献上して、徳島に快勝といわしめるゲームになりました。

「自信を失っていることでプレッシャーがあるとボールが動かせない、イージーなミスも多々ありましたし、ここがチームを改善する大きなポイントになると思っています」(公式)と言う新指揮官。就任からこの試合まで時間もない状態でしたが、ゲーム形式の練習のなかで何度も止め、「ポジショニングもあの辺、この辺ではなく」あいまいさを徹底して修正していたという。

ただ、就任会見ではこうも続けました。「でも最後は個の戦いになるので、どんなに良いポジションを取っても最後は個にやられる、でもそれはすぐに改善できることではありませんが、そこまで突き詰めていこうという話をしました」(公式)。

簡単に変わる、変えられるものでもないことはわかっていたものの。まだまだ、いましばらく辛抱が必要なことがわかった試合でした。

6月11日(日)
【J2第18節】(トラスタ)
長崎 1-0(前半1-0)熊本
<得点者>
[長]木村裕(36分)
<警告>
[長]高杉亮太(67分)
[熊]齋藤恵太(90分+3)
観衆:4,618人
主審:吉田哲朗


ちょっともう愚痴を言うのも辛くなってきました。長崎に敗れて3連敗。順位こそ19位のままですが、20位讃岐、21位群馬との勝ち点差は2まで縮まり、1ゲームでひっくり返される状況になってしまいました。

という書き出しで、長崎戦についてのエントリーをほぼ書き上げたところで、清川監督の交代(熊日によれば「事実上の解任」)発表があり、急ぎ大幅に書き直しています。

予感はあったものの、とにかく残念、と言わざるを得ません。何故なら清川監督は、長く熊本のヘッドコーチを務めただけでなく、昨年の監督就任からはスタートダッシュに成功してクラブ初の首位奪取。けれど襲った、あの思いもかけない大震災のシーズンを、文字通り死にもの狂いで戦い抜いて、結果的にリーグ残留を勝ち取ったいわば“功労者”。今年こそ、とわれわれも思っていたので、こんな別れ方(コメントには「クラブを去ることになりました」とある)になるとは…。

しかしこれもまたプロフェッショナルの世界に身を置く者の、“結果を問われる”という仕事上、仕方がないことかも知れない。そんな立場にあったということですね。

「監督としては優し過ぎた」という意見もよく耳にします。しかし、あの震災後の危機的状況のなかで、ソーメンも喉に通らなかったという清川監督の、真摯な人柄があったからこその求心力だったのではないかと想像します。

そして、清川監督が指揮をとる最後の試合(熊日によれば前日に交代が決まっていたと)になったのが、0-1を美学とする高木監督率いる長崎戦での敗戦というのも、なんとも皮肉な巡りあわせのようにも感じてしまいます。

後任には池谷氏が社長を退任したうえで就任。「また」という表現は失礼ですが、2度目となるリリーフ登板。しかし、前回2013年時と違うのは、当時の肩書が暫定的な監督代行であったのに対し、今回は「監督」であるということです。当時社長との兼務がリーグから問題になったので、今回は監督に専任するということなのでしょうか。それについて新たに社長兼務となった永田会長は、「あの時と、私どもが考えている状況は全く違うという風に考えております。あの時は監督代行という形でやってもらいましたけれども、今回は監督に専任ということになります。ですから期間もいつまでと決めておりません」(熊本蹴球通信)ときっぱりと言う。さらに大事なことは、「今季どうしても、この熊本にロアッソ熊本を残すために、我々は決断しなくてはいけなかった」という言葉。

震災のあとはっきりしたことは、このクラブは、このチームは、熊本にとって絶対必要だということ。だからこそ今シーズンのクラブテーマは「光となれ」。

決して降格させてはならない。ましてや消滅させることなどあってはならない。そんな人一倍の思いをもって、「また」池谷さんが立ち上がったということ。池谷さんが言う。「私に何があるのかということになると、分かりません。でも1つ言えるのは、このクラブに対する情熱です。これは誰にも負けない。この覚悟を持って、今回、やらせていただこうと思います」(熊本蹴球通信)。

全く縁のない熊本という土地にやってきたときからのこの人の情熱。熊本はまた、この人の熱量にゆだねる。

その思いを共有して、われわれもあの原点に返って。より以上の後押しをしていくしかないでしょう。まだ何もなかったあの日に立ち返って。

選手たちに自信を取り戻させ、100%以上の能力を発揮させるためには、今こそファン、サポーターも、池谷新監督と同様の覚悟が必要だという気がします。

20170611長崎

6月5日(月)
【J2第17節】(えがおS)
熊本 0-3(前半0-1)京都
<得点者>
[京]ケヴィン・オリス2(23分、51分)、小屋松知哉(48分)
<警告>
[熊]イム・ジンウ(70分)
[京]ケヴィン・オリス(77分)、高橋祐治(80分)
観衆:4,533人
主審:清水修平


20170605京都

井芹さんはスポーツジャーナリストとしての視点と精緻な戦評。われわれは単なる一般素人のファン目線的雑感という立ち位置の違いがあるのは百も承知ですが、すいません今回の「熊本蹴球通信」のマッチレビュー「第17節 vs.京都サンガF.C./警戒していた高さとセットプレーに屈し、連敗。」は、一字一句思うところは井芹さんと全くおんなじで。もうすいません、手抜きでもなんでもなく、言いたかったことはここに全て書いてあります、皆さんこれを読んでください。としか言いようがありません。

奏功しなかった3バックへの変更に関して、「第17節 vs.京都サンガF.C./試合後の監督・選手コメント」(熊本蹴球通信)でその狙いとタイミングについて記者から質問されている清川監督。スタメンの発表を見たときから首を傾げたベンチメンバーの選考理由についても、「交代でどういう変化を想定しての選定だったのか」と聞かれ、「システムを流れの中で変える状況と、4−4−2で90分行けるというところの人の組み合わせと、その中で決めました」と指揮官は答えていますが、われわれが聞きたかったことをズバリ質問しているこの記者も、もしかしたら井芹さんかも知れませんね。

マッチレビューではさらに、高さのある京都の前線に対して「左右サイドバックの高さのギャップを狙われており、それをゲーム中に修正できなかった」とも指摘されていますし、相手のセットプレー時の守備でも必要だったと思った巻がベンチにもいなかったことに関しては、「以前から予定されていた指導者ライセンスの講習のためだったそうだが、流れやテンポを変えられるカードが用意されていたようには感じられず、ゲームに臨むにあたっての準備やマネジメント、ベンチワークが果たして適切だったかという点にも疑問符がつく」と。もう何も言うことはありません。

「黒木、気を吐く」という小見出しで熊日も記事を書いていたように、この日は右サイドからの攻撃が奏功していました。上里が復帰して、その展開力から大きなサイドチェンジのパスが高い位置に上がった黒木にピタリと合う。ボールを持たせたときのその視野の広さとパス技術はチームにとって最大の武器なのですが、今季のチームは、この人とコンビを組むボランチの選定に苦しんでいるような気がします。セカンドボールを含めた球際の緩さや、相手ボランチへのプレッシャーは、J2のどのチームの中盤と比べても熊本が今一番緩いのではないかと感じています。

試合終了後のブーイングに、林は「あらためてプロの厳しさを思い知った。サポーターの思いに応えるプレーを見せたい」(熊日)と言う。サポーターからすれば叱咤激励の表現。
その代わりいつまでも応援するし、勝ったときは飛び跳ねて喜ぶ。

「開幕から4カ月を経て、チームには課題ばかりが積み重なっている」(熊日)。そう野方記者も結んでいます。井芹さんの厳しい言及も野方記者のこの言葉も、一種のブーイング=叱咤激励に違いありません。

5月28日(日)
【J2第16節】(えがおS)
熊本 2-3(前半0-3)水戸
<得点者>
[熊]安柄俊(52分)、林祥太(57分)
[水]林陵平2(25分、28分)、前田大然(37分)
<警告>
[熊]嶋田慎太郎(49分)
[水]前田大然(60分)
観衆:5,300人
主審:小屋幸栄



「自分の伝え方が悪かった」(熊本蹴球通信)。試合後の記者会見で、清川監督はそう反省の弁を述べました。アウェー2連戦で岐阜に勝利し、千葉に引き分け、「戦えている」と書いた矢先にこの敗戦、というより前半3失点。われわれもガッカリしたのですが、指揮官は原因の整理ができているようでした。

20170528水戸

4-4-2のミラーゲーム。ロングボールの応酬で陣地を取り合うような試合の入り方。水戸は前線の前田を狙い、熊本は安を狙う。徐々に水戸がボールを持ち、熊本が熊本らしくカウンター狙いの様相に。安が平繁に預け、右の林に。林が戻して、この試合リーグ戦初出場となった右SBの三鬼が縦に速いパス。平繁がこれに追いつけず。

戦績も全くのイーブンの水戸に対して、この試合もここまでは全く互角のようでもあったのですが。しかし、どこか球際の部分でしょうか、この午後1時キックオフの”暑さ”を考え、消耗しないような戦い方に見えなくもありませんでした。

それは、試合後の植田のコメントで証明されました。「前半は暑さもあって、全部行ってたらもたないので、ある程度持たせてから行くということでやっていた」(熊本蹴球通信)。

「守備に関しての運動量が上がらず」(同)と指揮官は言う。「二度追いなどでもう少しプレッシャーをかけていければ、相手の攻撃の起点にも圧力をかけることができたかな」と。

それが出来ずに25分、奪われた左CK。ニアでクリアを図った片山のヘッドをファーで水戸・林に押し込まれる。すぐあとの28分にはロングボールを左サイドで落とした水戸。それが前線の前田に渡る前に植田がクリアしましたが、それが小さく。林に拾われると思い切りよく左足を振りぬかれ2点目を献上。3点目も前田へのロングボールが園田の頭を越え、前田が収めると園田は対応で出来ず滑る。シュートを一度はGK野村がはじき返すものの、拾いなおした前田。野村の動きを見極めて打ち直します。

ひとつ一つのところでは、選手個人のミスもフォーカスされがちな場面。確かにそれもありますが、しかし、ここまでの事態を招いたのはどうしても局面での球際の緩さに見えました。CBの一角の植田は、「11番(橋本晃司)のところで持たせすぎて、どんどん配球されて。プレッシャーがかからず後ろに下がってしまった」と言う。嶋田は、「なるべく食いつきすぎないようにとは言われていた」「ボランチが持った時には前を向かせないくらいのプレッシャーをかけないといけなかった」と反省する。

林と前田。取るべき人がきっちりと仕事をした水戸に対して、後半熊本はグスタボを投入します。この暑さのなかで、さすがのグスタボも本来のコンディションではないようでしたが、やはりこの人が前を向こうとすると相手のDFも人数を掛けるし、下がらざるを得ない。

52分。熊本のスローインから。片山が左からクロスを送ると、ニアで水戸DFがクリアしきれず中央の安に納まる。これを落ち着いて安がゴールに沈めます。

勢いを持った熊本は57分、右CKからファーサイドの安(それとも水戸・細川か)の折り返しのヘディング。それを中央に陣取った林が頭で反らしてゴールイン。2点目を奪います。

この後は攻勢の奪い合い。1点差に迫られた水戸は船谷を入れてくる。熊本は試合体力を考えたのか三鬼に代えて黒木。林に代えて田中。

1点のビハインドを、大事に水戸が保持しようと図るのに対して、熊本がボールを奪取しても、バックパスで安全策を取ろうとするプレーに対して野次が飛ぶ。「前を向けよ」「ホームだぞ」と。そう、負けている状況。「少しアバウトに入れてもいいとも思うんですけど」とDAZNの解説者もじれったそうに言うように…。

あとはアディッショナルタイム4分をしっかり水戸に守りきられて、熊本が敗戦の笛を聞く。

熊本の敗戦の全てが前半の戦いに集約されるのでしょう。指揮官が描いた「前半凌いで、後半勝負」という狙い(ゲームプラン)は、この午後1時という時間のキックオフ、先発とベンチの布陣、水戸の消耗を想定した交代カードと、理解できなくもないのですが。

「プレスに行くところと、少しブロックを組んで我慢しようといったところのバランスが引き気味で、行きづらくなった原因になってしまったかなと。そこは自分の伝え方が悪くて、重たいような動きになってしまったかなと」と、指揮官は具体的に反省します。

「(3失点は)ディフェンスラインのミスです」と植田は素直に言う。「前から行くと、寄せられなかったときにボランチとDFラインの間が空いてしまって、動かされてセカンドも拾われるから、それだったら行かずに後ろで守ろうというのが、それが持たせすぎちゃったのかなと」。2列目の橋本を自由にさせすぎたというのが、ここに表れます。

指揮官が描いたゲームプランと、その具体的指示。そこに問題があったことは間違いないでしょうね。「自分の伝え方が悪かった」という冒頭の指揮官の言葉が重い。

「そんなに器用なチームではないし、それなら”どっちかに”腹をくくらないと、中途半端になっていたかなと」という植田の反省の弁が、今のチーム状況を物語っているわけで。

さらにコンディションは厳しくなる真夏のサッカー。さぁこの敗戦をどう糧にするのでしょうか。次の試合、真価が問われます。